節約して「金持ちになる人」と「貧乏になる人」の決定的な違い

お金の使い方を考えるときに大事なのは「節約」ですが、実は節約には2種類あります。正しい節約、悪い節約の違いはどこにあるのでしょうか。※本記事は、青山学院大学大学院教授の榊原正幸先生が、人生100年時代の資産形成に役立つ、堅実で科学的な株式投資術をわかりやすく解説します。

「正しい節約」「悪い節約」の違いとは?

お金の使い方とセットで考えるべきもう一方の課題は「節約」の仕方です。「節約」ということについて、簡潔な結論を先に書きます。それは、「不必要なものには一切お金をかけない」。それに尽きます。

 

年齢がいくつであろうが、経済的に恵まれていようが関係ありません。自分がいくつであっても、「不必要なものには一切お金をかけない」ということを常に意識しておくことが大事です。また、いくらお金持ちになっても、「不必要なものには一切お金をかけない」ということを忘れてしまっては、いつか財産をなくします。

 

なお、世間でよくいわれる「節約術」というのは、私はあまりおすすめしません。「節約が趣味だ」と言い切れる人ならば問題ないのですが、そうではないのが普通です。であれば、いわゆる「節約」(たとえば電気代を節約するとか、食費を節約するとか)は、あまり意識しないほうがいいように思います。自分の心が貧しくなることのほうが、損害が大きいからです。

 

不本意な「節約」をすることで「貧乏マインド」を培ってしまうのが、最も大きな損失です。「貧乏マインド」とは、「自分は貧乏なんだ」という自己暗示です。これをやってしまうと、本当に「貧乏」になってしまうのです。「節約」した結果が「貧乏」という矛盾を生んでしまうのです。やめたほうがいいと私は考えます。

 

前述したように、「不必要なものには一切お金をかけない」ということは大切です。そして、この命題が真であれば、論理的には「お金をかけるべきものは、必要なものに限るべし」ということもまた真理です。

 

しかし、「節約」というと、時として必要なものまで削ってしまう場合があります。それこそが「貧乏マインド」の始まりです。「必要なものまで削ってしまうような節約」こそ、すべきではない「節約」です。

 

「節約」には2種類あって、「不必要なものにお金をかけない節約」と「必要なものまで削ってしまう節約」です。前者は正しい節約で、後者がおすすめできない悪い節約です。

 

[図表]正しい節約と悪い節約

悪い節約をするくらいなら、もっと稼ぐことに注力を

そして、より効果的なことは、悪い節約に使うエネルギーがあったら、それを「もっと稼ぐこと」に使うということです。節約とは支出を削ることで、稼ぐことは収入を増やすことです。そして、収支の差額が「蓄え」となり、これが多ければ多いほど「お金持ち」でもありますし、老後の安心につながるわけです。

 

だとすれば、私は悪い意味の節約はせず、その分のエネルギーで、同額かそれ以上の金額を余分に稼ぐことを考えます。そうすれば、「貧乏マインド」を抱え込むことなく、逆に「お金持ちマインド」を増大させることができます。「余分に稼ぐこと」というのは「お金持ちマインド」の始まりだからです。

 

つまり、乱暴な言葉で言ってしまえば、「『貧乏マインドの節約』はせずに、そのエネルギーを善用して少しでも余分に稼ぐほうがいいですよ」ということです。「必要なものにまでお金を出し惜しんでケチケチするのはやめて、全力で稼ぐほうが効率的です」というわけです。

 

巷によくある自己啓発本と同じようなことを書いてしまって恐縮ですが、「貧乏マインド」と「お金持ちマインド」というのは本当に影響力がありますから、留意してください。

 

 

榊原 正幸

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科教授

 

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科教授

専攻は会計学。1961年、名古屋市に生まれる。1984年、名古屋大学経済学部卒業。1990年、名古屋大学大学院経済学研究科博士課程修了。1997年、東北大学助教授。2001年、レディング大学よりPhDを授与される。2003年、東北大学大学院教授を経て、2004年から現職。

著者紹介

連載会計学の教授に学ぶ、堅実な資産運用としての「株式投資」ノウハウ

本連載は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、PHP研究所、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

老後資金、55歳までに準備を始めれば間に合います

老後資金、55歳までに準備を始めれば間に合います

榊原 正幸

株式会社PHP研究所

「安心老後」と「貧乏老後」の分かれ道は、55歳!? 「預貯金、株式投資、保険、副業、自宅購入、不動産投資、金地金・・・、結局どうすればいいの?」――還暦間近の大学教授が科学的に分析し、読者の疑問に答える画期的一冊。 …

現役大学教授が実践している 堅実で科学的な株式投資法

現役大学教授が実践している 堅実で科学的な株式投資法

榊原 正幸

PHP研究所

上昇期でも下落期でも勝率8割! 「Prof.サカキ式投資法」の最新版。コツコツ利益を積み上げて一生安泰! ■「安全で堅実な投資法」を長年研究してきた著者の最新作 青山学院大学大学院教授(専門は会計学と株式投資に関す…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧