香港「証券先物委員会」、暗号資産ファンドの規制枠組みを発表

香港の証券先物委員会(SFC)が、暗号資産ファンドの運用及びカストディに関する、世界初の暫定規則を発表した。

香港、暗号資産ファンドについて暫定規制発表

米国の証券取引委員会(SEC)に相当する香港の証券先物委員会(SFC)は4日、暗号資産ファンドの運用及びカストディに関する暫定規則を発表した。

 

37ページに及ぶ「認可企業による暗号資産のポートフォリオ管理に関する暫定条件」と題した規則のなかでは、ICO(Initial Coin Offering)とカストディについての条件が述べられていた。

 

◆ICOについて

 

同書には、暗号資産ファンドマネジャーのICOへの参加条件について、下記のように詳細に規定されている。

 

管理するファンドを代表して暗号資産のICOに参加する場合は、下記事項を遵守する。:(a)募集により割り当てられた暗号資産が公正かつ公平に管理するファンドに組み込まれる事。;(b)優先的割り当ての禁止;(c)(i)取引前の割り当ての意図;(ii)取引後の実際の割り当て実施;(iii)意図された割り当てと実際の割り当ての差額の理由の記録

 

◆カストディについて

 

また、5ページを割いてカストディについても詳細に明記されていた。具体的にはファンド資産の安全性、カストディアンの選定、セルフカストディの同意である。

 

カストディアンの選定については、以下のように書かれている。

 

暗号資産ファンドマネジャーは、カストディアンを決めるにあたってカストディアンの機能や特徴を精査する必要がある。例えば:(a)ハードウェアとソフトウェアのインフラ;(b)サポートされる暗号資産;(c)キー発行、ストレージ、マネジメント、取引時署名に関するセキュリティコントロール;(d)カストディアンと暗号資産ファンドマネジャーによるソフトウェアのアップグレードからストレージ機器までの取扱いの文書化;(e)暗号資産のフォークの取扱い

 

暗号資産のカストディに関しては、各国が法的枠組みを検討しているなか、多数の暗号資産関連企業のある香港が、暗号資産ファンドに関して暫定規則を打ち出したことは興味深い。

 

米国では今年3月、暗号資産カストディについて公開意見を募っているが、現時点で4件の意見が提出されるに留まっている。

 

参考:香港暗号資産ファンド暫定規則――Proforma Terms and Conditions for Licensed Corporations which Manage Portfolios that Invest in Virtual Assets,October 2019

 

※本記事は、2019年10月7日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧