30億円相当の暗号資産を流出したBITPoint、サービス再開へ

今年7月、ビットコイン(BTC)など30億円相当が不正流出した暗号資産取引所「BITPoint」。運営元である株式会社ビットポイントジャパンは、9月30日に暗号資産の送付(送金)サービスを再開することを発表した。再発防止策を含め、一定の目処が立ったものと思われる。

今年7月、ビットコインやリップルを流出したBITPoint

暗号資産取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンは、27日、暗号資産の送付(送金)サービスについて、9月30日(月)14時頃にサービスを再開する予定であることを発表した。被害に遭った顧客対応や金融庁とのやり取りに加え、セキュリティ面を含めた経営管理体制など、再発防止策を含め一定の目処が立ったものと思われる。

 

ビットポイントジャパンは、「安全性を第一にしながら、可及的速やかにサービスを再開し、利用者からの信用回復に努める」としている。

 

同取引所では今年7月、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など30億円相当の暗号資産不正流出事件が発生。その後の記者会見では、事業存続に関して、「補償分を差し引いても約30億円の現預金残高がある」「利用者保護最優先を大前提として、可及的速やかにサービス再開を目指す」などと言及していた。

 

※本記事は、2019年9月27日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧