『事業承継の経営学 企業はいかに後継者を育成するか』

 

 

内容紹介:

 

日本企業の大多数を占めるファミリービジネスは、世界では地域経済への貢献などに誇りや自覚を持っている企業と見なされることが多く、アジア諸国からは日本の事例を学びに来る人々がいる。

 

しかしファミリービジネスは事業承継が複雑で、どのようにこれを進めてよいかわからないという声がよく上がる。


本書は事業承継をめぐる課題について、著者のこれまでの研究に基づく老舗企業の事例、また、幻冬舎ゴールドオンラインの連載をベースに読みやすくまとめた一冊。


さらに、単にそれらの問題解決というだけでなく、経営戦略・経営組織・ガバナンスなどの経営学の知見を踏まえ、より発展的に、事業承継を契機にイノベーションを起こす一助となることを目指している。さらに、ファミリービジネスにおける事業承継からの知見を元に、一般の中小企業、さらには大企業にまで普遍的に適用できるヒントを、テーマごとに示している。


事業承継の成否は、日本の産業活力の今後を左右するため、中小企業庁でもそのサポートを行っている。2016年刊行の『事業承継のジレンマ』が実践経営学会名東賞、ファミリービジネス学会賞を受賞した著者による、事業承継にかかわる当事者や士業の専門家、ビジネススクールの学生などに向けた基本書。

 

【もくじ】

 

はじめに

第1章 事業承継とは何か

第2章 現経営者の役割と課題

第3章 後継者の当事者意識と独自性の育成

第4章 先代経営者と後継者の関係性

第5章 利害関係者と後継者の関係性

第6章 経営戦略と次世代組織の構築

第7章 後継者の企業家行動とガバナンス

おわりに

 

 

書籍名:『事業承継の経営学 企業はいかに後継者を育成するか』

 

著者:落合 康裕

 

神戸大学大学院経営学研究科博士後期修了。博士(経営学)。大和証券株式会社、日本経済大学経営学部准教授を経て、2018年より現職。ファミリービジネス学会理事。

 

現在、ファミリービジネスの事業承継について経営学の観点から研究を行う。大学での教育研究活動を軸に、多くのビジネススクールにて事業承継講座の講師を勤める。

 

2015年に、日本で初めてのファミリービジネスの実証研究書となる『ファミリービジネス白書 2015年版』を株式会社同友館から発行。2018年には、『ファミリービジネス白書 2018年版』を株式会社白桃書房から発行する。同書の刊行時より、企画編集委員長をつとめる。

 

主著『事業承継のジレンマ―後継者の制約と自律のマネジメント―』(白桃書房、2016年)にて、ファミリービジネス学会賞、実践経営学会名東賞受賞。

 

出版社:白桃書房

 

価格:本体2,273円+税

 

 

 

 

静岡県立大学大学院 経営情報イノベーション研究科 准教授
ファミリービジネス学会理事
 

1973年神戸市生まれ。静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科准教授。名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。経営学者。

大和証券株式会社入社後、本社人事部にて労務管理業務、大和証券SMBC金融法人部にて大手機関投資家に対するRM業務を担当。その後、研究者に身を転じて、2014年に日本経済大学経営学部(東京渋谷キャンパス)准教授に就任。2018年より現在の静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科准教授に就任。

現在、ファミリービジネスの事業承継について経営学の観点から研究を行う。大学での研究活動を軸に、ビジネススクールにおけるケースメソッド形式による事業承継講座を担当するほか、後継者向けセミナーの講師などを務める。2015年に、日本で初めてのファミリービジネスの実証研究書となる『ファミリービジネス白書2015年度版』を株式会社同友館から発刊。2018年には、『ファミリービジネス白書2018年度版』を株式会社白桃書房から発刊する。同書の刊行時より、企画編集委員長をつとめる。

著者紹介

連載新刊ブックガイド

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧