優先順位が大切!投資継続のバランス感覚を養う秘けつとは?

※本記事は、2019年8月29日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

人生の優先順位を間違えないように、ちょっと考えてみよう

今日はちょっと「投資とそれ以外」の話をしてみたいと思います。あなたの人生の優先順位について、です。

 

あなたは「仕事」「プライベート」「投資」の優先順位をつけているでしょうか。

 

もちろん、それぞれは相互に連関する要素でもあります。「仕事」によって得られた収入が「プライベート」を充実させますし、「プライベート」の安定は「仕事」に集中するための基盤でもあります。

 

しかし、「プライベート」のために「仕事」があるのが基本であって、「仕事」のために私生活を犠牲にすることはおかしいと感じています。だからこそ残業が多過ぎる仕事や仕事に見合う賃金を得られない「仕事」に不満を覚えます。

 

しかしここに「投資」が加わるとどうでしょうか。「投資」「仕事」「プライベート」の優先順位を考えていますか。

仕事より投資を優先した人の損得は

しばしばみられるのは「仕事」より「投資」に夢中になってしまい、勤務時間内でもトレード(取引)してしまう人がいます。

 

今ではスマートフォン(スマホ)一つあれば売買できる時代になったので、ちょっとトイレに駆け込むフリをすれば、仕事中でもトレードができます。アラート設定をしておけば、必要なタイミングもスマホのメールで着信できます。

 

しかし、こういう人の問題は「仕事」が明らかに疎(おろそ)かになることです。ある上場企業の人事部長とお話していたところ、こう述べていました。

 

「そういうヤツはうちにもいる。本人はバレてないつもりだろうが、職場のみんなが知っている。しょっちゅう仕事をさぼっているから、業績は中途半端で、人事評価やボーナスの査定は低くなる。彼は生涯賃金で言えば、数千万円損する可能性があるのだが、投資でそれ以上稼げているのかね」と。

 

あなたの人生で一番の収益額をたたき出すチャネルはやはり「仕事」です。投資原資を生み出すのも「仕事」です。

 

人生をかけて数億円を稼ぎ出すことができる「仕事」を後回しにして「投資」にのめり込むのは間違いでしょう。

プライベートの充実より投資を優先した人の損得は

さて、「投資」と「プライベート」の優先順位についても考えてみましょう。

 

投資に夢中になる人は、しばしば自分のプライベートを犠牲にします。個人の責任の範囲で自分のプライベートを削っているうちはまだよいのですが、度を超すと生活のバランスは崩れ周囲に悪影響を及ぼしていきます。

 

自宅に帰り、リラックスして過ごし、明日の仕事への活力を取り戻すべき時間帯にひんぱんな為替取引に夢中になっている人がいます。米国の経済統計発表が10時以降ですから、FX(外国為替証拠金取引)にハマってしまった人は、しばしば睡眠時間も削ってしまいます。これでは「プライベート」にも「仕事」にも悪影響が出ています。

 

結婚前であれば交際相手の彼女、結婚後であればパートナーや子どもとのコミュニケーションの時間も「プライベート」の大切な使い道です。しかし、これを削ってトレードしている人もいます。しかも、売買がうまくいかないと家族に当たり散らしている人もいて、これでは本末転倒と言わざるをえません。

 

「プライベート」を削る場合には、精神的に余裕があるときに、また時間も無理のない範囲で行う方法を考えるべきでしょう。「投資」に夢中になりすぎたオチが、家族のいないガランとした部屋と離婚届、なんて話はドラマの世界だけにしておきたいものです。

普通の人の人生において仕事とプライベートを侵食しない投資方法は何か

今回のコラムは、個別株の短期売買、FXによる為替のレバレッジ取引などを個人が行うことをやめようと言うわけではありません。むしろ、そうした売買の選択肢を個人が手に入れたことは、オンライントレードの普及によるものであり、喜ばしいことです(そして個別株投資は楽しいことも間違いありません)。

 

しかし、何千万人もの個人がいつかは投資と向き合うことになる時代を見据えたとき、「大多数の普通の人」は、「プライベート」や「仕事」に影響のある「投資」にならないよう注意する必要があります。

 

iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)や、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)は投資信託をベースに資産運用を行いますが、これは「仕事」や「プライベート」に支障なく、できるだけ楽に投資を継続するための器として有効です。

 

いろんな識者が「長期」「積立」「分散」の投資を投資信託で継続するようアドバイスするのは、それが「仕事」にも「プライベート」にも影響を及ぼさず、誰でも簡単に実施、継続することができる「投資」方法だからなのです。

 

私自身、ほとんどの投資を投資信託にシフトしています。それは、子どもとの時間や睡眠時間、アニメを見るなど趣味の時間を「投資」が削ることは受け入れられないからです(もちろん「仕事」の時間も)。

投資は目的か手段か、あなたの人生において投資が一番上に置かれることはおかしい

この問題を整理すると、「投資」はあくまでもあなたの人生を豊かにするための「手段」であるはず、ということに思い至ります。投資をすることはあなたの人生の「目的」ではないはずです。

 

「投資」がどんなに楽しく夢中になれるとしても、「投資」を行うプロセスはあなたの人生の全てではありません。「投資」をすることで経済的なリターンを獲得し、その資金をもって何かプライベートの充実にあてていくわけで、それは「手段」でしかないのです。

 

そう考えれば、「手段」があなたの人生の最上位に置かれていることはおかしいことです。しかし「投資」に夢中になるあまり、そうした基本的な関係を忘れてしまいます。

 

結論をどう判断するかは、夏の宿題とします。あなたも、あなたの「仕事」や「プライベート」を浸食しない投資方法を考えてみてください。

 

山崎 俊輔

フィナンシャル・ウィズダム代表 ファイナンシャルプランナー

 

※本記事は、2019年8月29日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

 

楽天証券の投資情報メディア。トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。

https://media.rakuten-sec.net/

著者紹介

連載楽天証券の投資情報メディア「トウシル」発 お金を守るための基礎講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧