北朝鮮「暗号資産ハッキング」全面否定も…韓国取引所を攻撃か

北朝鮮は国営メディアを通じて、国連安保理による「暗号資産取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」との指摘を全面的に否定している。米国による対北経済制裁の正当化と非難。

北朝鮮、20億ドルの暗号資産ハッキングを否定

北朝鮮は、国連安保理による「暗号資産取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」という指摘を全面的に否定している。

 

北朝鮮政府は1日に、国営メディアKCNAを通じて否定する声明を発表した。声明によると、「米国などの敵対勢力による捏造は北朝鮮のイメージを損ない、さらなる経済制裁を正当化するものにすぎない」としている。

 

8月に、国連(UN)の専門家は、北朝鮮が複数国の暗号資産取引所などに侵入し推定20億ドルの資金を集めた手口に関する詳細なレポートを公開した。韓国の大手取引所Bithumbは、少なくとも4回の攻撃を受けており、累積損失は5000万ドル(約55億円)を超えたという指摘もあった。

 

なお、それら不正に集めた資金は、「核開発プログラム」に充当していたことも報告された。

 

※本記事は、2019年9月2日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧