NYダウが暴落!米株を信じて「積立投資」を続けていいのか?

14日、ニューヨーク株式市場ではダウ平均株価が大幅に下落、終値は800.49ドル安となり、今年最大の下げ幅となった。債券市場で2年債と10年債の金利が逆転する「逆イールド」が起こったことが主要因とされる。「手堅い」といわれる米株への積立投資を始めたばかりの人も多いだろうが、このような下がり相場となると、「このまま続けていいのか?」と心配になるかもしれない。どう捉えていくべきだろうか。

積立投資では「始めたときの価格」は問題ではない

投資というと「最初に購入した価格」を基準に考えてしまいがちであるが、長期積立投資に関しては、始めたときの価格は大して問題ではない。

 

「毎月、定額を購入する」という買い方なのだから、最初に購入した価格など、何回も購入する価格のうちの1つにすぎない。察しの良い人ならわかると思うが、長期積立投資とは購入価格を「平均化する」手法なのである。この手法を「ドルコスト平均法」とも呼ぶ。

 

NYダウ連動の投資信託に長期積立投資をしているとして、このまま株価が下がって下がって、ずーっと下がり続けたら、さすがに損をするかもしれないが、いつかは底が来るのが相場である。このとき「最初に購入した価格までは戻らなかった!」ということになっても、「最初の価格に戻らない」ということ自体は問題ではない。

 

(現在の単価 × 購入した数) − (毎月の購入額 × 購入を続けた月数)がざっくりと現金化したときの利益をはかる計算となるが、マイナス記号の左が「現金化したときに手に入る金額」であり、左のうち「現在の単価」は市場価格の上昇、「購入した数」は市場価格の下落が増加要因となる。マイナス記号の右は費用(いままでに使った金額=元本)となるが、ここは毎月自分の定めた一定額が増えていく。

 

具体的な数字で考えてみる。A株に300円ずつ5ヵ月積立投資したとしよう(長期投資はもっと期間が長いが便宜上簡略化する)。最初の月、A株は1株100円とする。なので3株を買えることになる。

 

次の月、暴落が起こり、A株は10円となってしまった。すると300円で30株が買えることになる。3ヵ月目は少し戻してA株は30円となった。300円で10株が手に入る。

 

4ヵ月目、A株は30円のままだった。さらに10株が手に入る。5ヵ月目、A株は50円になった。6株が買える。

 

さて、目標としていた5ヵ月目、A株は100円→50円と半値になってしまった……。損をしているのだろうか? 計算してみると、

 

(現在価格1株あたり50円×59株)− (1ヵ月あたり300円×5ヵ月)

= 2,950円 − 1,500円 = 1,450円

 

元本1,500円が2,950円となった。1,450円の利益が出ていることがわかる。最初の価格と現在価格の差だけの問題ではないことが、よくわかると思う。

積立投資で「やってはいけないこと」とは?

ダウ平均株価が暴落したことで、日経平均株価もつられて下がる可能性は高いし、リスクオフから円高になり、影響を受けて下げるインデックスなども多いことだろう。

 

ここで積立投資をおこなっている人がやってはいけないことは、「これはまずい!」と狼狽し、すぐに売却してしまうことだ。前段の説明でわかるように、積立投資にとって下がり局面でやめてしまうのは悪手である。

 

もうひとつ最悪なのは「下がりきってから再開しよう……」と中断してしまうことだ。それでは積立投資のメリットを享受できない。下がり局面は「安い価格で多く買える期間」と捉える必要がある。

 

損を増やさないように「損切りラインを決めておく」というのは、短期トレードの話であって、積立投資とは別の世界の話だ。それとは切り離して考えなければならない。

積立投資を「やめる」のはどんなときか?

では、積立投資を「やめる」べきなのはどんなときか? 

 

「そろそろ積立投資をやめようか」と考えるときは?
「そろそろ積立投資をやめようか」と考えるときは?

 

例えば、子供の教育資金など、積み立てていた資金が必要になったときは、それを現金化して使ってもいいだろう。もちろん、収入が減ってしまい、積立をすると生活ができないときは、そのタイミングでやめざるをえないだろう。また、すごく高齢になったならば、長期の積立は難しいし、であれば、使い勝手のいい預金にシフトしたほうがいいかもしれない。

 

上記の例でわかるように、積立を「やめる・やめない」を決めるとき、市況はあまり関係がない。考えるべきは、自身の人生の「お金の使い方」である。もちろん、間接的には、自分の収入が減って積立もできなくなる環境というのは、世界経済の悪化が原因かもしれないが。

 

積立投資においては、投資先の上がり下がりで一喜一憂する必要はまったくないのだ。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン注目記事解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧