「二重課税」解決なるか?暗号資産間取引の非課税案を提出・米

暗号資産支持派の米下院議員が、暗号資産間取引は課税対象にならないとする法案を提出した。現在問題視されている二重課税の解決を目的としている。

「購入と売却」双方で課税が発生している現状

暗号資産支持派の米下院議員Ted Budd氏が、7月25日に暗号資産間(Crypto to Crypto)の取引にかかる課税をなくす法案を提出していたことが判明した。

 

Ted Budd議員が以前にも懸念していたように、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が指定している暗号資産関連課税では、①暗号資産を法定通貨に換金すること、②暗号資産と暗号資産を取引することが、税金の申告対象になっている。

 

そのなかで、②暗号資産間の取引において、購入と売却の両ケースで課税されてしまうことが、現在問題になっている。この2回のタイミングが、「二重課税」になっていると、Budd議員は6月の公聴会で説明した。

 

Budd議員は、新たな法案「バーチャル・バリュー改正法2019」で、暗号資産を1986年の内国歳入法典にある「財産同士で交換した場合、財産を売却するまで税金を課さない」という条項に該当させる形で法改正することを目的にしている。

 

IRSが規定する現在の暗号資産を位置づけは「財産」だが、法案では、暗号資産関連の新たな規定を必要としている。これが認められれば、暗号資産間取引が課税対象とはならないことが法的に認められる。

 

日本では、暗号資産間の交換も課税対象で、雑所得として申告が必要となるが、「二重課税」の問題は生じていない。

 

参考資料:バーチャル・バリュー改正法2019

 

※本記事は、2019年8月8日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧