「税務調査」のため暗号資産取引所に顧客情報を要求・イギリス

イギリスの歳入税関庁は、Coinbase等3つの暗号資産取引所に対して、顧客と取引の情報提出を求めている。確定申告漏れを追及か。

イギリス歳入税関庁、暗号資産取引所の顧客情報を要求

イギリスの歳入税関庁(HMRC)が、CoinbaseやeToro、CEX.IOと、3つの暗号資産取引所に対して、顧客と取引の情報提出を求めていることがわかった。

 

HMRCは、上記3つの取引所に、ユーザーの名前と取引履歴の提出を要求する書簡を送付した。具体的には、「これらの取引は税金の発生する可能性があり、よってHMRCは情報提出を要求する」としている。

 

アメリカでは、先日、IRS(内国歳入庁)が、10,000人以上の暗号資産保有者に対して、正確な税金申告を促した(IRSは、HMRCが求めるように、Coinbaseから顧客の情報を入手している)。

 

なお、Coinbaseなどの取引所は、一定の年間取引量を超えた顧客に税金申告のフォーム「1099-K」を送るが、IRSはこのフォームのコピーを受け、ユーザーの暗号資産売却による総利益などの情報にアクセスできる。

 

また、暗号資産の課税・税制に関しては、日本でも同様にユーザーを悩ます現状がある。

 

ビットコインなどの暗号資産の人気が拡大した2017年から、暗号資産で得た所得の確定申告が問題視され始めた。日本の会社員(1社から給与所得を受ける人)などは、1年に20万円以上の利益が出た場合、確定申告が必要となるため、多くの暗号資産投資家・トレーダーは申告対象者に該当する。

 

関連:米IRSが暗号資産保有者宛に税金催促状

 

※本記事は、2019年8月7日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧