お金を「うまく使えない」「貯められない」人の共通点とは?

「資産運用」への注目が高まっていますが、そもそもの資金がない場合、運用など夢のまた夢の話。老後に備えた貯蓄をするためにも、まずはお金に対する態度を見直してみましょう。本記事では、『お金にモテる独身女子50のルール』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、お金が貯まらない人の特徴を解説します。

クレジットカードという名の「凶器」

◆お金をうまく使えない4つの共通点

 

私が見てきた、お金をうまく使えない延べ2000人のオトナ女子たちには、4つの大きな共通点がありました。

 

1つ目は、「衝動買いの誘惑に負けやすい点」です。街中や地下街などを歩いているとき、少しでも素敵な服やブランドのバッグなどを見つけると、「欲しい!」という衝動を我慢できずに買ってしまう経験に、身に覚えがある人も多いと思います。

 

衝動買いに拍車をかけるのが「クレジットカード」です。クレジットカードは便利な半面、誤った使い方をすると「凶器」と化してしまいます。一度その便利さを味わうと、どんどん使い続けたくなる「中毒性」をはらんでもいます。「欲しい!」という衝動を我慢することが重要です。

 

2つ目は、「『お財布に今、いくら入っていますか?』という問いに即答できない点」です。つまりこのような人は、常に無意識でお金を使っているのです。もちろん1円や10円といった小銭の範囲まで、正確な所持金を記憶する必要はありません。ただ、せめて紙幣の単位では、常に把握をするよう努めてほしいと思います。

 

3つ目は、「100円ショップを好む点」です。私も、もちろん100円ショップを利用することはあります。けれども「1個100円」という買いやすさで、余計なものまで買ってしまうリスクもあるので、注意が必要です。売り場をあれこれ見ているうちに、その場の雰囲気で買ってしまい、結果的に無駄遣いをしてしまうオトナ女子が非常に多いのです。

 

「安さ」が「無駄遣い」をもたらす…
「安さ」が「無駄遣い」をもたらす…

 

4つ目は、「バーゲンを好む点」です。シーズンごとにバーゲンに足を運び、「安くなっているから」という理由で、衝動買いをしてしまう方も珍しくないでしょう。けれどもその中には、残念ながら「あまり着ない服」や「買ったけれども袖を一度も通したことがない服」も少なからずあるはずです。

「余ったら貯金」では永遠にお金は貯まらない

◆お金を貯められない4つの共通点

 

仕事のキャリアを着実に積み重ねたオトナ女子でも、プライベートなお金のことになると「やりくりに苦労している」「なぜかお金が貯まらない」と悩んでいるケースが多いものです。いったいそれはなぜなのか。お金を貯められないオトナ女子の「心」の共通点について解説していきます。

 

1つ目は「ストレスを多く受けている点」です。ストレスが多くなりすぎると、衝動買いをして心の均衡を取り戻そうとする傾向があります。ストレスの大本の原因を断ち切らない限り、衝動買いは繰り返されることになります。

 

2つ目は「見栄っ張りである点」です。浪費家や見栄っ張りが身近にいたり、そういう人と付き合ってばかりいると、出費はどんどんかさんでいくことになります。

 

3つ目は「年金をあてにしている点」です。この思い込みは、楽観的すぎます。また年金に限らず、生活保護の制度にしても同じことです。これから先、「年金」も「国」も、ますますあてにできない時代が到来します。若い世代の人ほど「国が何とかしてくれる」などと油断していてはならないのです。

 

4つ目は「貯金の優先順位が低いという点」です。貯金ができない人の多くは、「月末に生活費が余ったら貯金をしよう」「買いたいものをすべて手に入れてから貯金をしよう」とする傾向があります。残念ながら、このような考え方では絶対にお金は貯まりません。

 

これらの「お金を貯められない」という心の共通点については、すぐに改めるのはなかなか難しいことかもしれません。その背景には、さまざまな原因が潜んでいるものだからです。たとえば「ストレスを多く受けている」など外的な要因が大きい場合、その状況を即座に変えるのは難しいかもしれません。ですが「自分の心には、このような傾向がある」と認識しておくことは、大事なことです。心の問題については焦らずに、少しずつでも改善・解決していくことを目指しましょう。

株式会社セルフ・インプルーブ 代表取締役

京都府立大学卒業後、大手製薬メーカーの三共株式会社に入社。同社退職後、一部上場の三井化学株式会社へ。子会社の名古屋支店長を務める。サラリーマンだけの収入に将来的な不安を覚え、宅建など30以上の資格を取得。ハワイ、フィリピンに不動産を所有し、今後も海外不動産への投資を拡大していく予定。平成24年より、サラリーマンや個人事業主を対象に、『お金と仲良くなる講座(初級編・中級編)』を東京・名古屋で開催し、お金に関する学びの場を提供している。平成27年2月に、お金を学ぶ『人生の寺子屋®』に改名。東京・名古屋・熊本校にとどまらず、今後、全国に展開していく。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

お金にモテる独身女子50のルール

お金にモテる独身女子50のルール

和田 勉

幻冬舎メディアコンサルティング

女性の社会進出が進む中、経済的に自立した生活を送りたいと願う女性が増えています。しかし、出産や子育てを伴う女性は昇給の機会も限られており、休職と復帰、離職と再就職を繰り返す女性も多く、思うように収入を増やせない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧