きょうだい間の「経済格差」が相続問題を引き起こす理由とは?

今回は、2人の姉に相続後の実家売却を迫られた問題の結末を見ていきます。※相続でもめたあげく、仲がよかった親族が憎しみ合い、絶縁状態になるケースは少なくない。また、近年の法改正により、このような問題に頭を抱える人たちは、ますます増加することが想定される。もし自分の身に降りかかったら、どうすべきか。本連載では、リアルなエピソードを追いながら、相続トラブル解決のヒントを探る。

しつこい姉たちに辟易、一度は売却を考えるも…

前回の続きである。

 

2人の姉の希望はわかった。問題は、デフレさんの考えだ。

 

「それで、デフレさんはどう答えたのですか?」話は聞いた。

 

「どちらに言われても事情は一緒です。売るつもりはないのです」

 

「そうですか」

 

「先生、こういう場合、私は家を売らなければならないのでしょうか」デフレさんは困り果てたように言った。

 

「いいえ。ここまでの話を踏まえると、お姉さんたちはすでに家の相続を放棄しています。売るかどうか決めるのは家の持ち主であるデフレさんです」

 

「そうですか。よかった」デフレさんはホッと胸をなでおろした。

 

「そもそも、デフレさんが住んでいるにもかかわらず、その家を売れと言うほうが無茶だと私は思いますよ」

 

「そうですよね。私もそう思うんです。しかし、姉たちは、あんな大きな家は必要ない、もっと小さな賃貸でいい、独り者なのだからどこでも暮らせるだろうと言うのです。2人に強く言われると、売らないといけないのかなと思ってしまって」デフレさんは本気で悩んでいた。もし相談を受けていなければ、姉たちの勢いに押されて売っていたかもしれない。

 

だから私は、もう少し男どもに優しくしてやってほしいと世の女性たちに訴えたいのだ。

 

「もちろん、デフレさんが売りたいのであれば売ることもできます」私がそう言うと、デフレさんは少し間をおいて、こう言った。

 

「実は、姉たちがあまりにもしつこいので、いっそ売ろうかとも考えたんです。姉に強制されるのは嫌ですが、そうは言っても学費が必要なのは私の甥っ子、姪っ子です。私には子どもがいませんし、彼らのことは可愛いですからね。彼らのためなら売ってもいいかなと思ったのです」

 

「その点で1つ付け加えておくと、仮に家を売ったとして、その際に手にするお金も基本的には相続人であるデフレさんのお金です」

 

「つまり姉たちに渡す必要がないということですね」

 

「はい。法的には」

 

「そうですか。そう聞いて安心しました」デフレさんが言う。法律の仕組みを知ったことが、姉たちと対等の立場で話すための自信になったようだった。

住人がいる家を「売却&相続人で等分」はありえない

「相談ついでに、もう1つ聞いてもいいですか?」デフレさんが言う。

 

「なんでもどうぞ」

 

「こういうトラブルは多いのでしょうか。つまり、金額的にはたいしたことのない相続で、兄弟がもめるようなことはあるのですか」

 

「しょっちゅうありますよ」私はそう言って笑った。事実、実家や親が持つ土地などをめぐり、兄弟がもめるケースは少なくないのだ。

 

「兄弟といえども、ある年齢を超えればそれぞれが自立した大人です。就職先、結婚相手、家族構成などによって経済的な差もつきます」

 

「そうですね」

 

「その差が大きくなるほど、遺産に対する見方も変わっていきます。例えば、1000万円で売れる実家があった場合、裕福な兄はそのままにしておけばいいと考えるかもしれません。しかし、弟がお金に困っていたら、すぐにでも売って現金にしたいと考えます。兄弟の相続トラブルは、兄弟間の経済格差が原因になっていることが意外とあるものなのです」

 

「なるほど」デフレさんはそう言い、大きく頷いた。

 

「それと、問題はお金だけではないんです」私はそう付け加えた。

 

「お金ではない?」

 

「ええ。もめる原因は、相続する遺産が不動産であるという点です。不動産は現金化しにくく、処分しにくい遺産です。そのため、誰がもらうかでもめやすいのです」

 

「たしかに、遺産が現金だったとしたらこういうトラブルは起きないですね」

 

「ええ。物件がいくつもあれば、兄弟が1つずつもらうなどして分けることができるでしょう。1つだったとしても、大きな物件であれば一緒に住むこともできます。しかし、デフレさんの実家のように普通の家の場合、分けることはできず、一緒に住むのも難しいでしょう」

 

「そうですね」そう言ってデフレさんは笑った。

 

「そういう場合はどうするのですか」

 

「よくある方法としては、いったん家を相続人の共同名義にして、相続する人が兄弟から権利を買うことができます」

 

「私が姉たちから家の権利を買うということですね」

 

「そうです。または、家を売って現金化し、それを相続人で等分する方法もあります」

 

「姉たちが考えたのはそちらの方法ですね」

 

「はい。売ってこいというのは、要するに現金化してこいということです。現金なら分けやすいですし、学費にでも何にでも使えますからね。もちろん、この方法は誰も家を必要としていない場合に限ります。デフレさんのように実際に住んでいる人がいる場合、売って現金にするという選択肢は基本的にはありえないのです」

 

「なるほど。いろいろ勉強になりました」

 

そう言うと、デフレさんは深く頭を下げ、帰っていった。

 

血は水よりも濃いと言う言葉があるように、家族のつながりは案外強い。ずっと虐(しいた)げられてきたとはいえ、デフレさんにとって姉は姉であり家族である。自分の生活も大事だが、家族のことも助けてあげたい。その狭間(はざま)で、デフレさんはまだ揺れているように見えた。

 

 

髙野 眞弓

税理士法人アイエスティーパートナーズ 代表社員

税理士

→ 勝ち組富裕層が「幻冬舎ゴールドオンライン・メルマガ」で情報収集しているワケ

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

税理士法人アイエスティーパートナーズ 代表社員

東京・浅草生まれ。國學院大學経済学部卒業。日本大学大学院・慶應義塾大学大学院修了。又野税務会計事務所勤務を経て、1975年に独立、税理士髙野眞弓事務所を立ち上げ、多種多様な業種・業態の企業の顧問税理士を務める。事業規模拡大に伴い、2016年6月に税理士法人アイエスティーパートナーズを設立。
40年以上にわたり、「税務のアドバイザー」という枠を超えた公私のパートナーとして、多くの経営者の悩みを解決してきた。特に、骨肉の争いに発展しやすい相続税・贈与税等について、一家の思いに寄り添った提案を行い円満相続に導いている。

著者紹介

連載炎上する相続~エピソードで読み解く「相続トラブル」の解決策

炎上する相続

炎上する相続

髙野 眞弓

幻冬舎メディアコンサルティング

裁判沙汰になったトラブルの3割が遺産総額1000万円以下⁉︎ 「ウチは大丈夫」と思ったら大間違い! 6つの炎上エピソードから学ぶ「円満相続」の秘訣 相続でもめたあげく、兄弟姉妹が憎しみ合い、絶縁状態になってしまうこ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧