世界の別荘地とスキーリゾート…超富裕層が注目するエリアは?

野村総合研究所の調査によると、純金融資産額が5億円以上の「超富裕層」は8万世帯を超えました。富裕層の世帯数は増加を続けており、世界でも同じ動きが見られています。本記事では、そんな「超富裕層」が注目する、マリブ・パームビーチ・カリブ海などの別荘地、サンモリッツ・アスペンといったスキーリゾートを紹介していきます。

売上急上昇のマリブ、パームビーチ、カリブ海の別荘地

世界には、高級住宅地と呼ばれる場所が数多く存在します。そのなかでも、さらに突出して不動産価格が高い地域があります。

 

本記事では、その「超高級住宅」マーケット情報についてお届けします。

 

過去3年間で年間2500万ドル以上の不動産取引が3件以上あったエリアを超高級住宅と定義し、「都市」「別荘地」「スキーリゾート」という3つのカテゴリに分類しました。選定したのは、ロンドン、ニューヨーク、香港、ロサンゼルス、シドニー、シンガポール、マイアミ、パリ、マリブ、パームビーチ、コートダジュール、モナコ、カリブ海、サンモリッツ、グシュタード、クールシュヴェル、アスペンの計17ヵ所です。

 

前回の記事(関連記事『NY、ロンドン、香港…世界各国の「超高級住宅」最新事情』参照)では、「都市」の超高級住宅マーケットとして5ヵ所の地域を紹介しました。本記事では、「別荘地」と「スキーリゾート」の2つのカテゴリから紹介します。

 

●「別荘地」の超高級住宅マーケット

 

「別荘地」の超高級住宅マーケットとなるのは、マリブ、パームビーチ、コートダジュール、モナコ、カリブ海の5ヵ所です。都市のマーケットと同様、この3年間でその売上は上昇しており、とても好調です。

 

このなかから、マリブ、パームビーチ、カリブ海をご紹介します。日本の別荘地というと、軽井沢のような森林に囲まれた避暑地のイメージが強いですが、3ヵ所のどれもがウォーターフロントのエリアです。気候や地形、文化などの違いから、日本と海外では別荘地の捉え方そのものに違いがあります。

 

◆マリブ 

 

マリブは、ロサンゼルスの西部に位置し太平洋に面した高級住宅地です。有名なハリウッド俳優や歌手、アスリートなどのセレブが多く住むエリアとしても有名ですが、もともとはエンターテインメント産業からスタートしています。「マリブ・ムービー・コロニー」として、映画関係者が21マイルあるビーチフロントに住み、世界に向けてアピールをしていたのです。

 

2500万ドル以上の不動産取引件数は年々伸びていて、2015年には2件でしたが、2018年の8月時点の集計ですでに5件まで増えています。このなかには、1億ドルを超える物件も含まれています。1件あたりの平均取引価格においても、2017年には5900万ドルと高額になっていて、「都市」の超高級住宅マーケットでトップの香港をも上回ります。

 

◆パームビーチ

 

別荘地の超高級住宅マーケットのなかでも、都市(特にトップ6)に匹敵する不動産取引数を叩き出しているのが、パームビーチ(ブロワード郡含む)です。フロリダ州の南東部に位置するパームビーチは温暖な気候で過ごしやすく、季節限定で住む方もいることから、多いときは普段の3倍の3万人まで人口が増えます。この3年間の2500万ドル以上の不動産取引件数は年間平均5件と多く、これは都市のマーケットでいうとシンガポールやシドニーにも引けをとらない数字です。なおかつ、1件あたりの住宅の広さは平均1400平米(約423坪)以上もあり、一般的な豪邸をはるかに超えています。

 

◆カリブ海

 

カリブ海のなかで、主要な目的地はバハマ、バルバドス、セントバーツ島です。そのなかでも、特に活発な動きを見せているのがバハマです。バハマの魅力は、アクセスのよさにあります。首都ナッソーは他国への入り口であり、アメリカ・マイアミまで約1時間という近さです。

 

またバルバドスの魅力は、その地形やハリケーン帯から外れたロケーション、優遇税制を受けられる点などにあります。セントバーツ島は、世界の大富豪がバカンスを楽しむ魅力的なエリアですが、現在さらなる急成長を遂げている最中です。高級ブランド、レストラン、スーパーマーケットなどが次々とつくられて盛り上がりをみせています。

「超富裕層」増加により、不動産市場への好影響に期待

●「スキーリゾート」の超高級住宅マーケット

 

サンモリッツ、グシュタード、クールシュヴェル、アスペンの4ヵ所が「スキーリゾート」の超高級住宅マーケットです。「別荘地」のエリアよりも、こちらのほうが軽井沢に近いイメージです。冬は白銀の世界でスキーやスノーボードを楽しめ、夏は避暑地として優雅に過ごせます。アクティビティももちろんのこと、景観やショッピングも楽しめるのが魅力です。4ヵ所のなかから、サンモリッツとアスペンを紹介します。

 

サンモリッツ

 

スイスのアルプスに位置するサンモリッツは、ウィンタースポーツが好きな方には完璧なロケーションです。アルペンスキーの国際大会なども開催され、世界中からスキーヤーが集まります。いわゆるスキーリゾートとしての自然の美しさとともに、高級ブティックやアートギャラリーが立ち並んでいたりなど、上品な都会の一面も見られるのが魅力です。またサンモリッツの超高級物件については、1000平米(303坪)を超え、屋内プール、スパ、地下ガレージなどが備わっている巨大豪邸が一般的です。

 

◆アスペン

 

アメリカ西部コロラド州のアスペンは、標高が高く、空気が澄んでいます。最低気温がマイナス10度を下回るため、パウダースノーで雪質がよく、スキーコースも豊富なことからスキーヤーからの評価が高いです。

 

また、音楽やワインのフェスティバルが開催されるなど、文化的な魅力も備えている街です。物件の特徴としては、81万平米(24万坪)を超える土地、そしてほかのエリアよりも住宅が大きく1400平米(423坪)を超えるものがほとんどです。

 

◆今後注目すべき高級住宅マーケット 

 

超富裕層と呼ばれる人口は、2017年までの5年間で18%増えており、2022年までに40%増加すると見られています。つまり、超高級住宅マーケットにおける不動産取引もさらに増えていき、今回挙げていない地域にも拡大していくことが予想されます。「都市」のマーケットにおいては、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス、北京、上海などが上位に入ってくる可能性が高いです。「別荘地」「スキーリゾート」のマーケットでは、サルデーニャ島、ポルトフィーノ、アルプスのほかのリゾートなどが注目すべきエリアではないでしょうか。

 

 

呉 純子

WIN/WIN Properties,LLC パートナー(アメリカ代表)

 

WIN/WIN Properties,LLC パートナー(アメリカ代表)

不動産開発や都市計画で9年以上の経験がある。
以前は東京で集合住宅の建て替えプロジェクトに関わり、ニューヨーク市政府の住宅保全、開発部門(HPD)、ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)によって開発されているグリーンビルディングイニシアティブプログラムにも従事していた経験がある。
ニューヨーク大学にて、都市計画の修士を取得。
持続可能な開発と投資に精を出し、今後も世界中にいるアメリカ不動産投資家のサポートをし続ける計画だ。

WEBサイト http://winwin-pro.com/

著者紹介

連載現地発!本当は教えたくない米国不動産投資の穴場「メンフィス」の最新情報

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧