日経新聞の読み方…投資先候補の「マーケット規模」を把握する

多くのビジネスマンが購読している日経新聞ですが、投資に活かすための読み方にはコツがあります。本連載は、複眼経済塾代表取締役塾長・渡部清二氏の著書『日経新聞マジ読み投資術』(総合法令出版)から一部を抜粋し、誌面に掲載されているデータ(数字)を分析して、有望銘柄の情報や投資のテーマを見つける方法を紹介します。

マーケット規模を把握していない投資家は多いが…

本書(『日経新聞マジ読み投資術』)第2章で解説した見出しをきっかけにして変化や転換点を捉えていくと、投資先として魅力的なセクターや銘柄が見えてくる。

 

その次のステップとなるのが、投資先候補にした銘柄などが、どんな市場で、どんな業績を挙げているか見ていくことだ。

 

変化をつかみ、マーケットを把握し、景気の方向性を見る。本連載では2つ目の「マーケットを把握する」について考えていこう。

 

実は、投資家の中にはこの部分を飛ばしてしまう人がいる。

 

「最高益」「上方修正」といった情報を見て、すぐに飛びついてしまう人などがその典型といえるだろう。

 

もちろん、業績は重要だ。株主目線で見て、最高益が出るのは喜ばしいことだし、上方修正で株価が跳ね上がることもある。

 

ただし、それよりも重要なのは、最高益や上方修正が出た企業のマーケット規模を知ることだ

 

仮に最高益が出たとしても、市場そのものが小さければ大きな成長は望めない。上方修正が出たとしても、業界全体が低迷しているとしたら株価の上昇も限定的になるだろう。

 

そのリスクを避けるために、日々、紙面からマーケットデータをとってくる。

 

数値に注目するマジ読みにより、市場規模を捉える感覚を磨いていくことが大事なのだ。

マーケットを知ると、業績などの記事も読み方が変わる

マーケット規模という言葉にいまいちピンとこない人もいるかもしれない。

 

具体的に考えてみよう。

 

例えば、国内の個人消費が5%伸びたとする。

 

一方、住宅投資は20%伸びたとしよう。

 

さて、GDPに与える影響はどちらの方がどれくらい大きいだろうか。

 

[図表]なぜ「マーケットデータ」が重要なのか

(出所)複眼経済塾
(出所)複眼経済塾

5%と20%という数字だけを比較すると住宅投資の方がインパクトが大きいように見える。5%の記事を見たときより、20%の記事を見たときの方が景気が上昇しているようなイメージを持つかもしれない。

 

しかし、GDP全体の構成比率を見てみると、個人消費(民間最終消費)が56.3%と半分以上を占めているのに対し、住宅投資(民間住宅投資)は3.0%しかない。

 

ということは、個人消費が5%伸びるとGDPは2.8%上がるが、住宅投資が20%伸びてもGDPは0.6%しか上がらないという計算になる。

 

つまり、個人消費が5%伸びる方が景気への影響力が明らかに大きく、景気を知るための情報としても重要性が高いといえるのだ。

 

個別企業を見る場合も同じだ。単純に業績だけで比較するのではなく、それぞれの企業の業界や市場の規模を踏まえる

 

例えば、A社の業種が市場規模1兆円、B社の業種が市場規模10兆円なら、規模が大きいほど会社の伸びしろも大きくなるだろう。

 

A社の業績が大幅に伸びたとしても、市場規模が小さければ利益も伸びにくく、株価に与えるインパクトも小さくなってしまう。

 

そのような視点を持っておくと、業績などに関する記事の読み方も変わってくる。

 

投資先の選別では、つい業績や指標、チャート上の値動きといった細かなところに目がいってしまいがちだ。

 

しかし、会社の利益はマーケットから生まれる。

 

枝葉末節な部分にとらわれないようにするためにも、個別企業に関する情報をうまく活用するためにも、マーケットに関するデータを集め、マーケットを知ることが重要なのだ。

 

 

渡部 清二

複眼経済塾 代表取締役塾長

 

複眼経済塾 代表取締役塾長

1967年生まれ。1990年筑波大学第三学群基礎工学類変換工学卒業後、野村證券入社。個人投資家向け資産コンサルティングに10年、機関投資家向け日本株セールスに12年携わる。
野村證券在籍時より、『会社四季報』を1ページ目から最後のページまで読む「四季報読破」を開始。同時に『日経新聞』を読み込み、ポイントを話し合う「日経新聞・読み合わせ会議」を主宰(独自の読み方と記事の切り抜きを20年以上継続中)。
2013年野村證券退社。2014年四季リサーチ株式会社設立、代表取締役就任。
2016年複眼経済観測所設立、2018年複眼経済塾に社名変更。
2017年3月には、一般社団法人ヒューマノミクス実行委員会代表理事に就任。

「四季報読破」は20年以上継続中で、現在86冊を読破(2019年春号時点)。そのほか、テレビ・ラジオなどの投資番組に出演多数。「会社四季報オンライン」でコラム「四季報読破邁進中」を連載。『インベスターZ』の作者、三田紀房氏の公式サイトでは「世界一『四季報』を愛する男」と紹介された。著書に『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(東洋経済新報社)がある。

著者紹介

連載データから読み解く!「日経新聞」マジ読み投資術

日経新聞マジ読み投資術

日経新聞マジ読み投資術

渡部 清二

総合法令出版

お宝株は日経が教えてくれる! 日経新聞を使って、有望銘柄の情報をつかむ方法、投資のテーマを見つける方法を大公開! いつでもだれでも始められる再現性バツグンのテクニックです!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧