イオンや家電量販店に行き、「お宝銘柄」を見つける方法とは?

今回は、日常から「投資先」を見つける方法を解説します。※ 本連載は、株式会社リーブル代表取締役で個人投資家・坂本彰氏の著書『給料は当然もらって、株で10万を1年で月収20万に!』(ぱる出版)から一部を抜粋し、「内需株」の底値買いで値上がり益を得る具体的な投資法を見ていきます。

上場企業を全て自分で調べる必要はない

日本の家計の預貯金合計が2017年6月に1000兆円を突破しました。しかしながら、預貯金のうち株式などのリスク商品へ投資している割合を調べてみると、わずか10%前後しかありません。

 

政府が「貯蓄から投資へ」というスローガンを掲げて長いわけですが、資産の大半は増えもしない定期預金などにとどまっているようです。

 

しかしその一方で投資に興味はある、始めたいという人も多いと感じます。

 

本記事では、そういった投資ビギナーに向けて、気軽に投資を始められて、なおかつ簡単に結果を出すためのステップをお話させていただきます。

 

投資ビギナーの人に、いきなり有望株や成長株を見つけましょうと言っても、経験がゼロの場合、なかなか難しいものがあります。そのため、一番最初は、信頼できる人を手本としてみてはいかがでしょうか。

 

一例を挙げます。私の場合、会社の経理をすべて税理士さんにお任せしております。領収書をまとめたり、決算の手続きもすべてやってくれるのですが、毎月6万円、決算時は別途30万円をお支払しています。年間で100万円を超える代金を払っているわけです。

 

それを自分がやれば、そのお金が丸々浮くわけですが、私はそれをしようと思いません。

 

その理由は、「信頼できる人に任せることで自分の時間を増やすことができる」「払った代金以上の節税効果と、さらなる節税および会社運営のアイデアをくれる」という大きなメリットがあるからです。

 

このメリットがお支払いしている代金以上に大きいと判断しているため、会社を設立して間もない頃からお願いしております。

 

今回、一つの例として税理士さんのお話をしましたが、株式投資においても上場企業をあなたが全て調べる必要はないのです。

 

投資本や投資雑誌、または信頼できそうな個人投資家のブログやSNSでオススメの銘柄を参考にする、あるいは素直に買ってみるという発想のほうが、投資ビギナーは早く成長できるでしょう。

 

なぜ、この会社を選んだのか? 結果から学んでいくことで、効率的にノウハウや経験を積むことができます。ある程度すると、次は自分で有望企業を見つける選択眼が芽生えてくるでしょう。

 

試験でカンニングはダメですが、株式投資ではカンニングしても全然いいのです。

「売れている商品」は、入り口付近にある

現在、株式を売買できる上場企業は3600社以上あります。その中から、株価が大きく上昇する会社をピンポイントに見つけるのは簡単ではありません。投資のプロでも失敗しているくらいですから、投資の初心者やビギナーは悩んで当たり前です。

 

加えて、ほとんどの人は専業投資家ではなく、自分の仕事がある人ばかりなので、投資に割ける時間が限られています。なおさら投資先選びの視野も狭くなりやすいですが、休日や余暇時間を使って、「イオンなどのショッピングセンター」「家電量販店」巡りをしてみてください。

 

イオンモールには100店以上のテナントがあります。なおかつイオンに出店するためには、結構高いハードルがあります。私たちの知らないところで競争があり、それを乗り越えて出店した力のあるお店なのです。店名を調べてみると、最近上場した勢いのある企業だったりする場合もあります。

 

色んなお店を見ながら、「あの店は繁盛している」「ランチタイムに行列ができている店舗はどこか」「売り切れになっている商品はどの会社か」など、気になった店舗名を覚えておきましょう。

 

ちょっとした気づきが、意外な結果につながります。

 

他にも有効活用できるのが家電量販店です。大型店舗が多い家電量販店もイオンモールと同じく活用できます。イオンは店舗を見るという視点ですが、家電量販店の場合は商品を見てください。

 

家電量販店の場合、売れ筋の商品ほど入り口あるいは玄関口の近くに並びます。そのため、以前と比べて入り口近くに新たな売り場を作った商品を細かくチェックするようにしましょう。その商品を扱っている企業も同じく調べましょう。入り口付近にあるほど、売れている商品だと判断できます。

 

普段よく利用しているイオンや家電量販店は、見方を変えると、お宝銘柄の見本市、展示会とも言えます。

 

 

坂本 彰

株式会社リーブル 代表取締役

 

株式会社リーブル 代表取締役

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの成功と失敗を経験し、株で勝つための独自ルールを作りあげる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年10月に9000万円を突破。定期預金等を合わせた資産は1億円超となっている。
2012年、投資助言・代理を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供するかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。前職はラーメン屋という異色の経歴。
メールマガジン「日本株投資家『坂本彰』公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数約3万人。
『BIG tomorrow』『SPA!』などといった雑誌等のメディアでも紹介多数。著書に、発売3か月で5刷となった『10万円から始める「高配当株」投資術』(あさ出版)などがある。
日本証券アナリスト協会検定会員候補。

著者紹介

連載成長株を狙い打ち! 暴落をチャンスに変える「底値買い」の必勝ルール

給料は当然もらって、株で10万を1年で月収20万に!

給料は当然もらって、株で10万を1年で月収20万に!

坂本 彰

ぱる出版

サラリーマンをしながら10万円から始めた株で資産1億円を達成した著者による超安定型の株式投資法を紹介。「億を狙って、一気にリタイア」という本ではありませんが、少額資金からはじめて、給料+αでコツコツ月に10万-20万で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧