みんなと一緒なら長続き!?仲間と英語学習を行うメリット

今回は、仲間と一緒に英語学習を行うメリットを紹介します。※本連載は、株式会社G-net代表取締役で特定非営利活動法人留学協会認定海外留学アドバイザーの本多正治氏の著書、『たった3ヵ月で人生が変わる ”復習オンリー”英語勉強法』から一部を抜粋し、効果的な英語の勉強方法について解説します。

誰かと約束すれば、集中して勉強できる

僕は、自分一人でずっと続けて勉強することができません。だから英語の勉強をするときも、カフェなどに会社のスタッフや友達を誘って、一緒に「連れ勉」することが多いのです。誰かと約束していれば、その時間に出かけていって、きっちりと集中して勉強することができるからです。

 

最も効果的な「連れ勉」相手は、好きな人や憧れの人です。

 

人間は理路整然としているようで、ほぼすべての意思決定は感情にもとづいて行われています。だから、「英語の勉強をしなくちゃ!」と頭では分かっていても、義務感だけではモチベーションが続きません。感情面で、「勉強したい!」と心から思えるときばかりではありません。裏を返せば、好き嫌いの感情を活用できたら怖いものなし! なんです。勉強そのものが好きな人はあまりいないかもしれません。そこで、好きな人と一緒に勉強しましょう! やる気を出すには、これがいちばんです。

 

好きな人やステキだなと思っている人を誘って、一緒に英語の勉強をしてみましょう。デートには誘いにくくても、勉強だったら誘いやすいはずです。誰しも成長の機会は求めているはず。お互いに向上するための誘いなら、OKしてもらえる可能性も高いです。

 

つまり、勉強にも「好き」という感情をうまく活用するわけです。そうすれば、これまで義務感でがんばっていた英語の勉強も、つられて大好きになるかもしれません。

 

一人で勉強するときでも、インターネットがあれば「連れ勉」ができます。ネットサーフィンをするわけではなく、仲間とネットでつながって勉強会をします。Skypeなどで「勉強しよっか」と仲間に声をかけ、30分とか1時間とか時間を決め、「よーい、ドン」で各自が自分の勉強を始める仕組みです。こうすると、部屋には自分しかいなくても「みんなで勉強している時間」を共有できるので、張り合いが出ます。

 

僕の会社の拠点は、国内では東京・新宿と福岡・博多と、以前は大阪にもありました。働く場所は分散していても、一体感を出せるようにとSkypeのカメラを使って、ずっとネットでつないでいました。そうすると、みんな結構真面目に仕事をしていました。

 

塾に来ている子どもたちも同じです。教室でも、カメラがついているとサボりません。見られている可能性がありますし、音声も拾われるかもしれませんから、余計なおしゃべりもなくなります。

 

一人ではサボってしまいそうになっても、人に見られていると思うと、案外ちゃんとやるものです。やっぱり人に見られていないと、ちゃんとできません。ですから自分の勉強でも、そういう環境をつくればいいのです。そうやって人に助けてもらいながら、勉強を習慣化するのも有効な方法です。

有名講師の勉強会やセミナーへの参加も効果大

仲間との勉強会のほか、外部の有名講師による勉強会やセミナーに参加するのもいいものです。

 

インターネットで「英語 セミナー」「英語 勉強会」といったキーワードで検索すれば、それはもう、たくさんの機会があることが分かります。住んでいる地域名を入れて探せば、参加しやすいものが見つかります。

 

めぼしいものがあったら、ぜひ参加してみましょう。必ずや、「もっと英語をがんばって勉強しよう!」という気になります。講師の話から学ぶべきものがあるのはもちろん、そういったところに来る人は、向上心の高い人ばかりですから、参加者からも大いに刺激を受けられます。

 

僕も普段から、いろいろな研修会やセミナーに参加しています。このときも、仲間と一緒に受講すると効果倍増です。せっかく申し込んでも、一人だと「やっぱり忙しいから今回はパス」なんてことになりかねません。ですから、会社のスタッフや仲間たちに声をかけて、一緒に受けてもらっています。

 

すると面白いことに気づきます。「1+1=2」ではないんです! 2人で研修を受けると、それぞれが独自の切り口で学んでいくので、後で一緒に復習すると、自分では気づかなかったことに相手が気づいていたりします。さらに2人でディスカッションを重ねると、さらに新しい発見が生まれたりします。「1+1」が2ではなく、3にも4にもなったりします。

 

こんなふうに、仲間との勉強は意外な効果をもたらします。人の力は増幅していくんです。人と一緒に勉強をするから長続きするし、成果も出やすい。とってもお薦めです。

株式会社G-net 代表取締役

1971年、神戸市生まれ。
BBT大学大学院修了(MBA)
特定非営利活動法人留学協会認定 海外留学アドバイザー 広島WAOJE会長
大学卒業後、住宅設備メーカー(東証一部)に10年間勤務。1000万円の資金を貯め、全国展開する学習塾のフランチャイズに加盟し独立を果たす。さまざまな研修に参加しながら理念・ビジョン・マネジメント手法を磨き上げ、学習塾は9教室まで拡大。
2011 年より留学エージェントを立ち上げ、マンツーマンレッスン中心のフィリピン・セブ島へ送客開始。2013年には、セブ島に「First English Global College」を開校する。「英語力ゼロ」だった自身も勉強を開始。その後、わずか2年でビジネス・ブレイクスルー(BBT)大学大学院でMBAを取得。2016年から本格挑戦したTOEICでは、「過去問の復習」に重点を置く40歳からの勉強法が奏功し、2週間勉強しただけで760点を獲得した。
持論である「英語は続ける仕組みが最も大切」の通りに、ティーチャーが固定で、勉強を継続できる仕組みである「プライベート・オンライン」を提供している。一方で、世界中を移動しながら学生から年配者に至るまでの「夢の創造と実現」を支援している。
●公式ブログ http://www.firstenglish.jp/wp/
● First English Global College http://www.firstenglish.jp/

著者紹介

連載たった3カ月で人生が変わる "復習オンリー"英語勉強法

 

たった3カ月で人生が変わる "復習オンリー"英語勉強法

たった3カ月で人生が変わる "復習オンリー"英語勉強法

本多 正治

合同フォレスト

時間がない社会人向けの新・英語学習バイブル! 経営者として仕事をしながらですから、時間がありません。 そこで、学習塾経営で学んだ勉強法を英語の学習でも取り入れてみました。 すると、「英語力ゼロ」だった僕が国内…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧