仮想通貨取引所の上場で活用された香港の「裏口上場」とは?

自由度の高い金融市場で知られる香港ですが、仮想通貨はどのように取引されているのでしょうか。本連載では、香港における仮想通貨の取引の現状や規制を解説するとともに、香港の現地情報についてもご紹介します。今回は、仮想通貨取引所の上場に活用された香港の「裏口上場」について見ていきます。※本連載は、小峰孝史が監修、OWL香港が執筆・編集したものです。

仮想通貨取引所Huobiが香港証券取引所に「裏口上場」

2018年8月29日、仮想通貨の取引高で世界トップ3に入るHuobi(フォビ)が香港証券取引所に「裏口上場」したことが、香港証券取引所のウェブサイトを通じて明らかになりました[図表]。

 

この裏口上場とは、一体どのような上場であり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

[図表]香港証券取引所のウェブサイトより2018年8月29日の発表資料 http://www.hkexnews.hk/listedco/listconews/SEHK/2018/0829/LTN201808291228.pdf

 

8月29日の発表資料によりますと、香港証券取引所のGEM市場上場の桐成控股有限公司(Pantronics Holdings Limited)の発行済み株式のうち、Huobi Global Limited(ケイマン諸島法人)が66.26%、ブロックチェーンサービスプロバイダープラットフォームのFission Capitalが5.41%を取得したとのことです。

 

[PR]  本稿監修者のセミナー&個別相談会を特別開催! <6月8日(土)@幻冬舎>
海外投資(金融資産・不動産)、海外移住・バイリンガル教育に関心がある方のための海外資産管理会社のつくり方・つかい方

 

つまり今回、Huobi取引所を運営するHuobi Global Limited(セイシェル法人)の親会社であるHuobi Global Limited(ケイマン諸島法人)は、香港証券取引所に上場している会社の株式の過半数を買収して支配株主になり、これをもって香港証券取引所に裏口上場したと言われています。

 

裏口上場をさらに平易に言うなら、「すでに上場している会社の株式の過半数を買収し、事実上、上場したのと同じ効果を得ること」です。

裏口上場のメリット・デメリット

★メリット1★上場手続きに要する時間が節約できる

 

通常、証券取引所に上場するための手続きには非常に長い時間がかかります。例えば、東京証券取引所に上場しようとする会社の場合、実際の上場の2、3年前から主幹事証券会社と共同で準備する必要があるでしょう。しかし裏口上場であれば、上場手続きに要する時間を節約することができるのです。

 

これは、仮想通貨業界のように、変化のスピードが非常に速い業界においては魅力的だといえるでしょう。

 

もっとも、香港証券取引所の場合、日本の上場に比べると上場手続きをスピーディに行うことができ、上場準備から上場まで1年以内というケースもあります。そのため、表向きは時間の節約が理由にはなりますが、裏口上場を行う第一の理由とは言えないかもしれません。

 

★メリット2★上場審査を回避できる可能性も

 

香港証券取引所に上場しようとする場合、事業を営んでいる全ての国・地域でその事業が合法であるかを審査されます。

 

仮想通貨取引所の場合、黒とまでは言えないまでも、グレーの領域でビジネスを営んでいる場合があるかもしれませんし、そもそも法律が追い付いていないため黒か白か判断の難しい場合もあると思われます。グレーということでは上場審査を通らず上場できない、少なくとも、何度も折衝をする必要があり上場までに時間がかかってしまうわけです。

 

しかし、裏口上場であれば、合法であるかどうかの審査を回避できる場合があります。その点が、上場を目指す会社にとってのメリットといえるでしょう。

 

ちなみに、マカオでジャンケット事業(ハイローラーと言われる大口顧客を連れてくる事業)を営んでいる会社など、ギャンブル業界の企業が数多く裏口上場をしていますが、審査回避目的ではないかとの疑いの目も向けられています。マカオではジャンケット事業は法で認められているのですが、何かしらグレーな事業を行っているのではないか、と多くの人が想像しているのです。

 

★デメリット1★高額な買収費用がかかる

 

もちろん、裏口上場にもデメリットがあります。裏口上場とは上場している会社を買収することなので、買収費用がかかるという問題があります。実際にビジネスを持っている会社を買収する場合、そのビジネスの価値が買収価格に含まれることになります。

 

弊社が過去に裏口上場の相談を受けた際、いくつかの買収候補を見ましたが、ビジネスがほぼないに等しい会社でも、上場企業であるというだけで、10億~20億円以上からと、かなり高額な売買代金を提示されたこともありました。「上場している」という事実が価値に上乗せされているわけです。

 

デメリット2負の遺産を引き継ぐ危険性が高い

 

対象会社のプラス面のみならず、マイナス面をも引き継ぐことにもなります。マイナス面としては、債務(簿外債務も)、従業員・元従業員との紛争、過去の違法行為に基づく問題などです。

 

裏口上場用に売られている会社は、ビジネスがほぼ空っぽの会社も多いのですが、ビジネス(会社のプラス面)がないからといって、様々な負債(会社のマイナス面)もないとは限りません。むしろ、マイナス面の多い会社だから売りに出ているということも少なくありません。

 

[PR]  本稿監修者のセミナー&個別相談会を特別開催! <6月8日(土)@幻冬舎>
海外投資(金融資産・不動産)、海外移住・バイリンガル教育に関心がある方のための海外資産管理会社のつくり方・つかい方

 

そのため、対象会社の会計・法務などを精査するデュー・ディリジェンスが重要になってきます。また、対象会社の株式の売主が買主に対し、表向きの契約書の形では残しにくい要望を突きつけてくるような場合もあり、買収の交渉が難航する場合もあります。

 

 

仮想通貨企業は、業界の変化が激しいためスピーディな対応が必要であること、各国の規制が追い付いていないためにどうしてもグレーな面があることから、裏口上場をする・しようとするケースは、今後も多くあるでしょう。

 

裏口上場については、白か黒かといった単純なジャッジではなく、その都度、個別に考え判断することが重要だと思われます。

 

 

小峰 孝史

OWL香港 マネージング・ディレクター

弁護士

OWL香港 マネージング・ディレクター
弁護士

東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

著者紹介

OWL香港は、香港を含むアジアで既にビジネスを展開している企業経営者、これからアジア展開をしていきたい企業経営者、香港で暮らしていきたい方々に対し、香港及び中国本土における会社設立・管理、会計業務受託、ビザ取得コンサルティング他、各種ビジネスの支援を行う。

以下のインベストメントバンク出身者・弁護士が取締役を務める。

本名 正博 氏  マネージング・ディレクター
東京大学教養学部卒業
野村證券及び米大手投資銀行ゴールドマン・サックスにて、日本、香港、中国における企業の上場実務、M&Aを経験。企業オーナー、投資家に対して、国境を超えたタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援。 2015年、OWL Hong Kong Limitedを設立し、富裕層・企業オーナー向けに、香港・東南アジアを活用したタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援している。

小峰 孝史 氏  マネージング・ディレクター・弁護士
東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

http://www.owlhongkong.com/

著者紹介

連載富裕層向け海外移住サポートの専門家&弁護士が香港から解説!現地の最新投資事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧