香港の高級タワーマンション「Park Island」の魅力とは?

自由度の高い金融市場で知られる香港ですが、仮想通貨はどのように取引されているのでしょうか。本連載では、香港における仮想通貨の取引の現状や規制を解説するとともに、香港の現地情報についてもご紹介します。今回は、自然豊かな離島にありながら交通の便がよく、香港都心部のメリットも享受できる高級タワーマンション、「Park Island(珀麗灣)」について紹介します。※本連載は、小峰孝史が監修、OWL香港が執筆・編集したものです。

離島でありながら、車での行き来が可能

東京では、湾岸地区を中心にタワーマンションがどんどん建っていますが、狭いエリアに密集する傾向の強い香港のタワーマンションの多さは、東京の比ではありません。今回は、香港のタワーマンションがどのような感じか見てみましょう。

 

マンションには「The Leighton Hill」「Grand Promenade」といった名前がついていますが、一つのマンションに幾つものタワーがあり、Tower 1~3やBlock 1~3などと呼んでいます。一般的に、タワーが一つだけのマンションに比べ、タワーの数が多いマンションの方が、共有施設(プール、ジムなど)が充実していることが多いように思います。

 

タワーの数が32と非常に多い「Park Island(珀麗灣)」を例に見てみましょう。

 

Park Island(珀麗灣)は、香港国際空港から香港駅までエアポートエクスプレスで行く場合のほぼ真ん中にある、青衣駅のすぐ近くの「馬灣」という島にあります。離島というと、何よりビーチが気になりますが、Park Island(珀麗灣)は、その目の前にビーチがあり、週末には、家族連れがのんびり遊んでいます。

 

ビーチの前にはレストランも数軒ありますので、ビーチで遊んで、レストランで食事して、というライフスタイルも楽しめます。のんびりビーチのライフスタイルというだけであれば、香港には離島が多いですから、どの離島でもよいということになりそうです。

 

しかし、馬灣の良さは、離島でありながら交通の便も良いというところです。離島に住む人から、最終フェリーに乗り遅れると家に帰れない(高い金を払って船をチャーターするしかない)とか、台風が来るとフェリーが運休してしまうので島の外に出られない、といった悩みを聞くことがあります。

 

しかし馬灣は、香港島・大陸(九龍半島)と橋でつながっているので、車で行き来することができます。夜遅くまで飲んでいても安心、台風の日でも外出できる・・・というのがメリットです。

 

[写真]Park Island(珀麗灣)

出典:Wikipedia(https://en.wikipedia.org/wiki/Park_Island)
出典:Wikipedia「Park Island」(https://en.wikipedia.org/wiki/Park_Island)

 

離島ですので都心のゴミゴミ感は無く、かといって都心から離れすぎていない(車で25分、フェリーで30分、バス+電車で1時間)、空港へのアクセスも悪くない、ちょうど良いロケーションだと思います。

香港島に比べ、比較的低めの家賃も魅力

香港では、一定以上のランクのマンションだと、プールやスポーツジムの設備があることが多く、日本企業の駐在員が住んでいるランクのマンションであれば、おそらくプールやスポーツジムがついているでしょう。

 

このPark Island(珀麗灣)の場合、屋外プールが3ヵ所、屋内プールが1ヵ所、スポーツジムが3ヵ所あるほか、テニスコートやボウリング場まであります。

 

 

しかも、自動車が入れるのはマンションの敷地の外までで、敷地内は自動車が走っていないのです。ですから、子どもたちも安全に走り回っていますし、犬などを飼っている住民も多いようです。

 

家賃が香港島に比べて比較的低めなのも魅力的です。香港の家賃は、どこでも高いく、金融の中心地区である中環(Central)を含む香港島北側は、特に高額です。例えば、日本人駐在員の多く住む、MTR港島線の西灣河駅近くにあるGrand Promenadeの場合、Gross 1,032スクエアフィート(Net 749スクエアフィート)の3ベッドルームで、月の家賃が38,000香港ドル(約532,000円)です(2018年8月調べ、1香港ドル=14円で計算)。

 

もう少し中心地区に近い、香港島最大の繁華街エリアの銅鑼灣(Causeway Bay)から徒歩圏内でありながら、閑静な住宅地にあるThe Leighton Hillでは、Gross 1,485スクエアフィート(Net 1,127スクエアフィート)の3ベッドルームで、月の家賃が77,000香港ドル(約1,078,000円)です。

 

これら香港島のマンションの家賃に比べ、Park Island(珀麗灣)の場合はどうでしょうか?

 

例えば、Gross1,027スクエアフィート(Net 794スクエアフィート)の4ベッドルームで、月の家賃が24,000香港ドル(約336,000円)です。もう少し広いGross 1,709スクエアフィート(Net 1,314スクエアフィート)の4ベッドルームでも、月の家賃が35,000香港ドル(約490,000円)と、いくぶん手ごろな家賃になります。

 

弊社のお客様にも、このPark Island(珀麗灣)にお住まいの方がいらっしゃいます。このお客様の場合、日本~香港~東南アジアを頻繁に行き来されているので、香港にご不在のときは弊社が管理をお引き受けしています。香港空港からタクシーですぐの距離にあり、大都会香港でありながらビーチの前でくつろぐことができ、都心にも移動しやすい、この場所を気に入っておられるようです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

OWL香港 マネージング・ディレクター
弁護士

東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

著者紹介

OWL香港は、香港を含むアジアで既にビジネスを展開している企業経営者、これからアジア展開をしていきたい企業経営者、香港で暮らしていきたい方々に対し、香港及び中国本土における会社設立・管理、会計業務受託、ビザ取得コンサルティング他、各種ビジネスの支援を行う。

以下のインベストメントバンク出身者・弁護士が取締役を務める。

本名 正博 氏  マネージング・ディレクター
東京大学教養学部卒業
野村證券及び米大手投資銀行ゴールドマン・サックスにて、日本、香港、中国における企業の上場実務、M&Aを経験。企業オーナー、投資家に対して、国境を超えたタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援。 2015年、OWL Hong Kong Limitedを設立し、富裕層・企業オーナー向けに、香港・東南アジアを活用したタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援している。

小峰 孝史 氏  マネージング・ディレクター・弁護士
東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

http://www.owlhongkong.com/

著者紹介

連載富裕層向け海外移住サポートの専門家&弁護士が香港から解説!現地の最新投資事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧