▲トップへ戻る
ローコストな注文住宅で「素敵な空間」を作る7つのアイデア

前回は、格安で購入できる「狭小地・変形地」特有のデメリットを説明しました。今回は、ローコストな注文住宅でも実現できる「素敵な空間」の演出方法を見ていきましょう。

窓の位置を揃える、アクセントになる壁紙を貼る…

建売よりも安くて使い勝手のいいローコストな注文住宅。ただし、コストにばかり意識が向いてしまうと、機能一辺倒の「住みやすいが味気ない家」になってしまいます。

 

そこで注文住宅ならではの、あまりコストをかけずに実現できる、素敵な家づくりの秘訣を紹介しましょう。

 

窓の位置を揃える

 

窓は室内に風や日差しを取り入れるだけでなく、外観上の重要なアクセントになります。そのため、設置する場所が不揃いだったり、サイズが小さいと貧相なイメージになってしまいます。とにかく設計士とよく話し合って、外壁のなかで左右対称にしたり、予算や耐震性の許す限り大きなものを選ぶといいでしょう。そうすればグレード感がグッとアップします。その際、狭小地ならではの注意点としてお隣からの視線も考慮する必要があります。

 

アクセントクロスを利用する

 

アクセントクロスとは、周辺の壁紙とまったく違う色や柄の壁紙のことです。内壁の一部に目立つデザインのアクセントクロスを貼ると、その場の雰囲気が一気に華やかになります。特に利用頻度の高いリビングの壁やお客様も利用する1階のトイレなどに貼ると効果が高いでしょう。

 

目立つデザインとはいえ、どうせ貼ることになる壁紙なので商品によっては増額にならないこともあります。非常に費用対効果の高い空間の演出方法です。

 

施主支給

 

お客様のなかには、自分で見つけてきた設備や建材を使ってほしい、という人もいます。いわゆる施主支給です。

 

例えば、以前「四国の焼き物市場で見つけてきた洗面鉢を使いたい」という人がいました。

 

このように、自分で見つけてきた素敵なアイテムを設置できるというのも、注文住宅の魅力でしょう。このお客様のケースでは、洗面鉢のデザインに合わせた洗面台を私たちが見つけてきて、一体感のあるスペースにすることができました。

 

ただし、施主支給の場合は、事前に設置可能か確認し、問題があれば採用できないこともあります。

リビングの一角に写真やお花などを飾るのも効果大

ニッチスペースを設ける

 

リビングの一角や階段を上がり切った場所に設けるニッチスペース。ここに写真やお花などを飾れば、豊かな空間になります。ニッチスペースの製作には材料は必要ありません。かかるのは大工さんの手間だけです。だから安価に設けることができるのです。

 

階段の腰壁にスリットを入れる

 

階段の手すりの下の壁を腰壁といいます。ここに高級感を求めると、木製やアクリル製などのオプション品を提案されるケースが珍しくありません。しかし、わざわざそんなにお金をかけなくても素敵に変身させる方法があります。それは腰壁にスリットを入れることです。こうすれは視線が抜けるので、空間が軽やかになります。

 

折り上げ天井

 

折り上げ天井とは、通常の天井の一部を高くする仕様のことです。こうすることで室内が立体的に見え、リズム感が生まれます。特に開放感がほしいリビングでお勧めです。

 

 

同価格帯でグレードの高い部材・設備

 

フローリングなどの建築部材やユニットバスなどの設備には、機能的にはほぼ同じでも質感によって複数のグレードが設定されています。例えば、ユニットバスの場合は、一番低いグレードの製品は電球が1つで鏡が小さな縦型だったりします。それがグレードが上がると電球が2つになり鏡が大きな横型になったりするのです。

 

ローコストにこだわれば、もちろん一番低いグレードを選ぶことになります。多くの建売住宅は、このグレードの製品を採用しています。しかし、それでは安いアパートに住んでいるのと同じような質感になってしまいます。せっかく注文住宅を建てるならもう少しグレードアップしたいところでしょう。

 

ここで注目したいのが、建築を依頼する会社の標準仕様です。会社によっては比較的グレードの高い製品を大量に仕入れることで、一番低いグレードの製品と同等の価格で提供している場合があります。確かめる方法は、その会社が手掛けた建売住宅を見に行くことです。できるだけコストダウンしたい建売住宅で、比較的質感の高い製品を採用していれば、注文住宅でも同等以上の製品が付くはずです。

 

この各部材・設備のグレード感を確認したうえで、各社の見積りを比較すると、どの会社が割安かよく分かります。

 

 

奧本 健二

フォーライフ株式会社 代表取締役社長

 

フォーライフ株式会社 代表取締役社長

1963年広島県出身。「笑顔あふれる住空間を提供したい」との思いから、株式会社ミヤマ(現・株式会社レオパレス21)、住友不動産販売株式会社で不動産業に従事したのち、1996年7月にフォーライフ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。横浜・川崎・東京23区エリアを中心に、土地仕入れ、分譲住宅の企画開発、注文住宅請負などを行い、高品質で安全性の約束された「ローコスト住宅」を提供している。

著者紹介

連載年収400万円で建てる「都心の注文住宅」…格安の土地探しのポイント

本連載は、2018年6月29日刊行の書籍『年収400万円で建てる 都心の注文住宅』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

年収400万円で建てる 都心の注文住宅

年収400万円で建てる 都心の注文住宅

奧本 健二

幻冬舎メディアコンサルティング

お買い得な土地に賢く建てて最高のマイホームを手に入れる! 割安な土地を見抜くポイントと理想の家を建てる設計の秘訣を実績1000棟のプロが徹底解説! 家を建てるということは、多くの人にとって一生に一度のイベントであり…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧