▲トップへ戻る
生前の相続対策…「現金」を「不動産」に組み替える節税手法

2015年度の税制改正で相続税の基礎控除の引き下げ等が行われた結果、相続対策が必要な人が続出しています。本連載では、多くの図表を用いながら、相続税の大幅減額を目指す人に向けて、生前の段階で実施できる不動産対策のテクニックを紹介します。

二次相続に備え、小規模宅地等の特例を利用

 CASE STUDY:尾崎さんの場合 

1586万円の節税に成功

 

 

課題一次相続以上に相続税がかかる二次相続

 

尾崎さんの母親は、3年前に亡くなった父親の財産の半分を相続しました。父親は農家の長男で、祖父より多くの土地を相続し、貸家や駐車場にして不動産賃貸業を営んできました。一部の土地は国の施設に賃貸しており、土地の収益で生活できます。

 

父親は、節税しないと相続税が大変だと周りからいわれながら、何も対策をしないうちに倒れて意識不明となり、そのまま数年後に亡くなってしまったのです。

 

所有地は全部現地調査し、多くの土地の評価を下げてできるだけの節税をしました。母課題親が健在で、財産の半分を相続してもらったので、納税も少なくできたといえます。

 

財産の約65%が土地で、負債がないため、多額の相続税がかかることを覚悟しつつも、できる節税はしたいと、次男の尾崎さんが中心となり、当社に依頼をされました。

 

尾崎さんの所有地は、不整形地や斜面の土地などがあり、全部を確認して評価を下げたことと、半分は母親が相続することで、納税を減らしました。子供たちの相続税は土地を売却して済ませることができました。

 

母親が相続したのは、主に賃貸収入が入る貸家・貸地と預貯金です。父親の財産の半分とはいえ、まとまった額になりますので、生活費に充てられます。母親はまだ元気ですが、父親のように突然のことがないとも限りません。今度は少しでも節税対策をしたいと尾崎さんから相談がありました。

 

★STEP1★小規模宅地等の特例と評価減でできる節税

 

尾崎さんは実家から離れて生活していますが、幸い長男が母親と同居しています。

 

長男が自宅を相続することについて、ほかのきょうだいは誰も異論はないので、小規模宅地等の特例が適用できる状況は整っています。貸家や駐車場の土地の評価も確認してみましたが、自宅の330㎡を80%減額するのが一番効果的だと判断できました。
 

 STEP1 土地の評価減や小規模宅地等の特例を利用 

 

しかし、これだけでは、まだ多額の相続税がかかるため、次の提案をしました。

区分マンションを2戸購入してリスクを回避

★STEP2★現金を不動産に組み替えて節税

 

母親の財産で目立つのが、現金の多さです。このままにすれば、納税資金にはなりますが節税はできないため、現金で賃貸不動産を購入して、節税することを提案しました。

 

すべて不動産に換えてしまうと、万が一現金が必要になったときに困るという不安があるため、半分を残して対策するようにしました。

 

アパート1棟を購入する選択肢もありますが、地震や火災によるリスクが高いため、区分収益マンションをおすすめしました。しかも、立地を変えて区分収益マンション2カ所を購入することで、一方が空いたり事故が起こったりした場合でも、もう一方が稼働していれば損害は回避できます。

 

 STEP2 区分マンションを2戸購入してリスク回避 

 

尾崎さんは、母親やきょうだいの同意のもと、節税対策となる収益マンションの購入について、すぐに決断をされ、契約も順調に進められ、対策ができたのです。

 

この収益マンションは、母親の自宅からは離れていますが、将来は尾崎さんが相続することを前提として、立地を決めて購入することにしました。人気の高いエリアにあるため、賃貸需要が高く、いつでも賃借人が見つかる好物件です。現金のままにしておくと、資産も増えず節税対策にもなりません。一部を不動産にすることで、家賃収入が入るため、楽しみも増えたといえます。

 

 STEP3 節税効果 

公認不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士 

相続コーディネーターの創始者として1万3000件以上の相続相談に対処。 感情面、経済面に配慮した“オーダーメード相続”を提案し、 家族の絆が深まる「夢相続」の実現をサポートしている。 株式会社PHP研究所勤務後、昭和62年不動産会社設立、相続コーディネート業務を開始。 平成12年NPO法人設立、内閣府認証を取得。 平成13年に相続コーディネートを業務とする法人を設立、 平成15年に東京都中央区八重洲に移転し、平成20年に社名を株式会社夢相続に変更。

著者紹介

連載複合技で相続税を大きく減らす「生前」の不動産対策術

本連載は、2018年5月29日刊行の書籍『図解でわかる 相続税を減らす 生前の不動産対策 改訂新版』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

図解でわかる 相続税を減らす生前の不動産対策 改訂新版

図解でわかる 相続税を減らす生前の不動産対策 改訂新版

曽根 恵子

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税を0にするのは難しくない。生前の不動産対策で相続税は節税できる! 相続税に対する不安を抱える人は多いものの、具体的にどのようにすべきかイメージできている人は少ないようです。対策をしないまま相続してしまうと…

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧