▲トップへ戻る
顧客の心を動かして購買行動を促す「導線づくり」のポイント

前回は、ヒット商品を生み出すための「商品開発」と「販売戦略」について考察しました。今回は、顧客の心を動かして購買行動を促す「導線づくり」のポイントを見ていきます。

重要なのは、消費者心理に合わせた仕掛け

みなさんは、一日にいくつの商品・サービスの情報を目にしたか意識したことはありますか? テレビCM・新聞の広告欄・電車の吊り広告・WEB上のバナーなど、企業からの情報は生活のいたるところにあふれています。

 

このように、商品・サービスの特徴を顧客に伝え、購買行動を促す活動を「プロモーション」といいます。どんなに良い商品を開発しても、顧客に伝わらなければ売上にはつながりません。従って商品を購入・利用してもらうためには、顧客の心を動かして行動を促す「導線づくり」が重要です。

 

では、どのように進めればよいでしょうか。

 

企業・ブランドと顧客との接点を「タッチポイント」といいます。モノや情報があふれる昨今、顧客が1つの情報から購入や利用を決めることはありません。

 

例えば、車を買い替えたいと思った時、みなさんはどのような媒体から情報を得るでしょうか? インターネットで検索したり、専門雑誌を読んだり、テレビCMに触発されたりするかもしれません。友人の口コミに影響されることもあるでしょう。こうしてたくさんのタッチポイントに影響を受けながら、様々なメーカーや車種に興味・関心を持ち、比較検討しながら購入に至るのではないかと思います。

 

このように、プロモーションを検討する際は、自社と顧客のタッチポイントがどこにあるのかを理解し、自社商品の認知や共感を深めるきっかけを、単一の方法ではなく、様々な角度から提供していくことが大切です。

 

[図表1]タッチポイント

 

プロモーションは「Pro(前へ)+motion(動く)」という単語の組み合わせからもわかる通り、顧客の気持ちを購入・利用まで導く仕掛けづくりであるといえます。この仕掛けづくりに活用できるのが、消費者の購買行動モデル「AIDMA(アイドマ)の法則」です。

 

この法則は、消費者が商品・サービスを購入するまでには、5つのプロセスがあると提唱しています。まず、商品・サービスの存在を知り(①Attention)、興味をもちます(②Interest)。その後様々な情報に接触することで、欲しいという気持ちが高まり(③Desire)、記憶をしながら(④Memory)、最終的に購買行動に至る(⑤Action)というものです。この消費者心理の動きに合わせた仕掛けを行うことが、プロモーションの有効性を高めると考えられています。

「AIDMAの法則」によるクラブツーリズムの成功例

では、この法則を、シニアの旅行市場開拓に成功した「クラブツーリズム」のプロモーションと照合してみましょう。

 

クラブツーリズムは、主に中高年を対象とした国内外ツアーを主催しています。他の旅行会社と同様、新聞やインターネット等を活用したプロモーションを行っていますが、旅行情報誌『旅の友』の定期配送、顧客と直接会うプロモーションの積極的な取り入れを行っているのが、他社との相違点です。

 

●会報誌『旅の友』による、興味・関心の喚起

『旅の友』とは、クラブツーリズムが毎月発行している旅行情報誌で、月に約300万部発送されています(当社ホームページより)。

 

最大の特徴は、単なる旅行商品カタログではなく、旅にまつわる連載や特集記事など、旅の魅力を感じられる情報を充実させている点です。この情報誌を定期発送することで、旅行への興味・関心を高め、ツアーの検索や問い合わせなど、次のプロセスへ誘導する工夫がなされています。

 

●「事前講座」「ツーリズムカフェ」による、旅行欲求の高まり

シニアにとって旅行は楽しみである一方、不安も多く、興味があっても一歩を踏み出せず申込に至らないケースが多くあります。その不安要因を取り除くために仕掛けられたのが、各地で行われる「事前講座」や「ツーリズムカフェ」です。

 

クラブツーリズムは中高年層の健康ニーズを捉え、山登りやハイキングツアーを開催しています。彼らが安心してツアーに参加できるよう、事前講座ではツアーガイドが行程を説明したり、体力レベルの相談に乗ったり、必要な持ち物を伝えたりといった、きめ細やかなフォローを行っています。これらは顧客の不安を払拭し、旅行への欲求意欲をさらに引き上げる効果を担っています。

 

●仲間との交流による、旅行動機の後押し

クラブツーリズムには「エコースタッフ」という『旅の友』を配送するスタッフがいます。エコースタッフは、クラブツーリズムの利用顧客が中心となって組織化されている、いわばファンクラブのような存在です。彼らが申込みを迷っているお客様と定期的に接点を持つことで、再び旅行への興味関心を喚起し「この人がお勧めしてくれるなら行ってみようかな」と申込みへステップを進める仕組みが構築されています。

 

このように、クラブツーリズムは、ターゲットであるシニア層の購買行動に沿ったプロモーション設計を丁寧に行うことで成功している好例といえるでしょう。

 

[図表2]「AIDAM」の法則とクラブツーリズムのプロモーション例

 

プロモーションは企業と顧客の双方向のコミュニケーションです。企業側からの一方的な発信にならないよう、顧客の購買行動を考えたプロセスを構築し、次のアクションを後押しするようなプロモーションづくりを意識しましょう。

中小企業診断士

大手総合広告代理店に勤務しメーカーやインフラ会社、地方銀行など多数の企業の広告宣伝や販促戦略に携わる。テレビCMなどのマスメディアから、チラシ・POPなどの販売促進まで幅広く担当した経験から、企業や商品特性に合わせたプロモーション戦略を提案できるのが強み。現在は販促に不慣れな中小企業や店舗に向けたコンサルティングや研修、セミナーなどを行っている。愛知県よろず支援拠点 販促・広告宣伝コーディネーター。

著者紹介

MASTコンサルティング株式会社 代表取締役
中小企業診断士 

1974年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、大日本印刷株式会社にて情報システム業務、監査法人トーマツにて上場支援業務に従事した後、独立。
2011年に中小企業診断士を取得。経営支援に従事する士業がネットワーク化し活躍するためのプラットフォーム構築を目指して2013年MASTコンサルティング株式会社を設立、2015年には中小企業の海外展開支援のため同タイ法人を設立、両社の代表取締役就任。
中小企業のIT、財務だけでなく、事業承継、M&A、海外展開支援等に携わっている。

株式会社MASTコンサルティング
中小企業診断士を中心に税理士、弁護士、社会保険労務士など、50名以上の国家資格保持者が所属するコンサルティングのプロフェッショナル集団。
所属メンバーは、財務・税務・人事・法務・マーケティング、また製造業・卸売業・建設業・サービス業・ITなど、職種や業界ごとの得意分野を持ち合わせています。中小企業の経営に必要な知識と経験を活かし、中小企業経営者をワンストップでサポートします。

著者紹介

連載会社設立から資金調達、事業承継まで…「起業」のための基礎講座

 

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧