▲トップへ戻る
少子高齢化の日本…不動産業界で起こるパラダイムシフトとは?

本連載では、株式会社インテリックス取締役である俊成誠司氏が、少子高齢化が進む日本における、不動産業界を取り巻く大きな流れの変化と、これからの不動産投資の在り方について、前編・後編の2回に分けて説明します。

供給が減少する新築マンション、一方中古は・・・

実は今、不動産業界ではパラダイムシフト=価値転換が大変な話題となっています。

 

[PR] 8月28日(火)無料セミナー@幻冬舎(東京)
北千住と京町家の事例に見る「不動産小口化商品」の最新活用術

 

これまでの日本における不動産というのは、政府の後押しもあり、新築が重視され、大手のデベロッパー中心に「壊しては建て」の繰り返しでした。しかしながら、日本の少子高齢化が進展するなか、これまでのやり方では通用しなくなっています。

 

ここで、首都圏の新築マンション供給戸数と中古マンションの成約戸数の比較を見てみましょう。

 

2004年には8万戸超あった新築マンションの供給が、すでに約半分以下の3万6,000戸まで減少しています。一方で中古マンションの流通は少しずつ増えていき、2016年には逆転しました。

 

 

 

この流れはさらに加速していくでしょう。背景としては、大きく3つあります。

 

1つ目は「空き家問題」にあります。東京と言えども郊外ではすでに空き家が出てきている現状において、これ以上住宅を建てることの必要性については、誰しも疑問を抱くのではないでしょうか。

 

2つ目は「不動産の高騰」です。不動産は大きく「建物原価」と「土地」に分けられます。建物原価には資材費や人件費が含まれますが、昨今の世界的な建設ラッシュによる資材費高止まりの状況に加え、日本では職人不足の問題があり、今後すぐに改善される見込みはありません。建物原価が下がらない以上、最終顧客へ価格転嫁がしやすい、一部の物件にのみ集中する傾向があります。

 

3つ目は「政府の税制」です。健全な中古住宅市場を活性化させるため、不動産取得税を減税するなど、本格的に中古流通市場の整備に力を注ぐようになっています。

 

[PR] 8月28日(火)無料セミナー@幻冬舎(東京)
北千住と京町家の事例に見る「不動産小口化商品」の最新活用術

資産運用としての不動産投資も「転換期」に突入

原価の高騰による不動産価格への転嫁に加え、今の不動産価格を支えているのは、需要の多様化という側面もあります。大きくは「資産運用としての需要」と「資産防衛」、特に相続対策という需要の2つがあります。

 

アベノミクスによる超低金利の中、預金せず積極的にレバレッジを使い、不動産投資を行う方が急速に増加しました。不動産は第3者の払う賃料で自分の金利を払ってもらうことができるので、自分の信用力を最大限活用できる人ほど、規模も大きくできるのです。

 

一方で、不動産投資家にとって戒めとも言える大きな事件がありました。

 

高利回りをうたって派手に宣伝をしていたシェアハウス運営会社の破綻です。本来であれば、個人の支払い能力を評価して融資する金融機関が、機能不全の状況だったのです。

 

不動産投資は、賃料を払ってくれる借り手の確保や、次回の大規模修繕の時期の見極めだけでなく、万が一の事態に自ら対応できるように、きちんと物件の目利き力をもつことが必須の要件です。

 

2015年の相続税法の改正もあり、富裕層の相続対策での不動産活用が活発化され、中でも都心のタワーマンションの価格は大きく値上がりしました。

 

タワーマンションは、時価と相続税評価額の乖離が大きく節税効果は高いのですが、買ってすぐ売るといった明確な租税回避に利用されたため、一部では否認事例も出てきています。

 

そのため一時期の過熱感は収まっていますが、未だ価格は高いままなので、投資としての利回りは相当低くなってしまいました。

 

また、最近では金融機関の相続対策提案で、借入をして不動産を購入し、他の資産と負債で債務控除をするといった明らかな租税回避が否認されており、今後の不動産を利用した相続対策には十分注意が必要です。

 

やはり、不動産はあくまでも「経済合理性のある投資」という側面を忘れてはいけないでしょう。

 

[PR] 8月28日(火)無料セミナー@幻冬舎(東京)
北千住と京町家の事例に見る「不動産小口化商品」の最新活用術

多様化する「不動産投資形態」

不動産投資の形が多様化していることも大きな変化です。

 

不動産といえば、以前はワンルームやアパート投資のような従来の実物型不動産投資と、J-REITのような証券型不動産投資の大きく2つの選択肢しかありませんでした。しかし現在は、機関投資家向けの私募REITや、不動産小口化のような個人向けファンドが急速に増えています。投資家のニーズに合った投資の形が求められる、新しい時代の到来と言えます。

 

後編では、これからの不動産像についてお届けします。

 

[PR] 8月28日(火)無料セミナー@幻冬舎(東京)
北千住と京町家の事例に見る「不動産小口化商品」の最新活用術

株式会社インテリックス 取締役 兼 執行役員
ソリューション事業部長
株式会社インテリックスプロパティ 取締役
米国ピッツバーグ大学経済学部卒 

2004年より国内大手及び欧州系証券会社にて上場企業やJ-REITの資金調達等投資銀行業務に携わる。

その後、東京証券取引所にてユニバーサル取引所への進化を掲げた新部署設置に伴い参画。海外投資家の東京マーケット誘致を行う。また、取引所当時、早稲田大学大学院ファイナンス研究科(川口教授)と共同で日本版ケース・シラー指数(不動産指数)の試験的配信を実施したことや実家が内装業を営んでいることもあり、リノベーションによる不動産流通業界の活性化を促進すべく2010年に株式会社インテリックスに入社。

2013年同社財務部長、2015年同社執行役員兼ソリューション事業部長、インテリックスプロパティ取締役兼任。現在良質な不動産ストックの供給と資産形成の融合を目指し日々邁進中。

1979年、愛媛県生まれ。

著者紹介

連載不動産が動産化する時代・・・「不動産小口化」の役割と可能性

  • 【前編】 少子高齢化の日本…不動産業界で起こるパラダイムシフトとは?NEW

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧