不動産 海外不動産
連載不動産投資用語集

ビーチフロントとは?

ビーチフロント

ビーチフロントとは?

不動産投資におけるビーチフロントの意味について解説します。

ビーチフロントとは

ビーチフロントとは、物件が海に面しており、さらに砂浜などのビーチにも隣接している物件を指します。読んで字の如く、「目の前にビーチがある」物件のことですので、リゾート目的であったり、ビーチのにぎわいを求めている方からの需要が高く、ホテルや住宅などを売買する際には人気物件の条件として挙げられます。

 

また、ビーチにはたくさんの人が集まることもあり、近隣に商業施設やお店が多く立ち並んでいることが多いため、「住みやすく活動しやすいエリア」という側面があります。ホテルに泊まるにしても、賃貸によって住むにしても、物件を購入するにしても、海が好きな方にとってビーチフロントは、憧れの物件といえるでしょう。

オーシャンフロントとビーチフロントの違い

オーシャンフロントとビーチフロントは同義であるとされることもありますが、違いとしてビーチの有無が挙げられるでしょう。

 

オーシャンフロントとは、「家の目の前に海を望む景色が広がっていること」であり、主にホテルで正面に海が見える客室や海の目の前に建っているホテルといった物件の立地条件のことを指します。そのため、ビーチが無い場合も存在します。対して、ビーチフロントは、海だけでなくビーチにも面しているため、すぐに海水浴が楽しめることやビーチの近くにある商業施設を利用できるといった実用的な点もポイントとなります。

 

ホテルの一室から前面に広がる海のパノラマを満喫することができるという点では、オーシャンフロントとビーチフロントは共通していえることでしょう。しかし、レジャー性を求め、リゾートのビーチや近隣の商業施設を最大限楽しみたいという方は、オーシャンフロントかつビーチフロントのホテルや物件にこだわるといいかもしれません。

ビーチフロントホテルの魅力

ビーチフロントホテルの魅力の一つは、客室の窓から一望することができる「オーシャンビュー」です。雄大な海の景色をホテルの一室から眺められるということにより、開放的な気分になる事ができ、「海の景色を独り占めしている」ような優越感に浸ることもできるでしょう。

 

さらに、ホテルからそのまま海に出ることができるのも、ビーチフロントホテルならではの魅力です。ホテルの敷地とビーチの境目が無いため、リゾートの開放感を最大限楽しむことができます。ビーチフロントホテルではプライベートビーチとなっていることも多いため、美しい海をゆっくりと堪能することができるというメリットもあります。

連載不動産投資用語集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧