東京都内の投資物件を選ぶべき理由①…圧倒的な人口増加

前回は、不動産投資の「空室リスク」をできる限り避けるにはどうすべきかを考察しました。今回は、東京の不動産物件を選ぶべき理由を見ていきます。

現在も未来も「人口の絶対数」が多い

まずはじめに、なぜ東京都内の物件を選ぶべきか説明しましょう。

 

第1の理由は過去も現在も未来も日本において東京都内が圧倒的に「人口の絶対数が多い」からです。

 

空室リスクは、一般論として人口の多さに反比例します。すなわち、人口が少なければ少ないほど入居者を確保することが難しくなりますし、逆に人口が多ければ多いほど空室となるリスクは下がります。

 

周知のように東京は47都道府県の中で圧倒的に最も人口が多く、しかも今も人が増え続けています。ちなみに、2位は神奈川、3位は大阪になります。

ここ10年で100万人も人口が増加!?

総務省が2017年4月14日に発表した2016年10月1日時点の人口推計によれば、都道府県別の対前年比の人口増加率は東京都が0.80%と4年連続で首位でした。

 

また、東京都の公表している「東京都の人口(推計)」の概要(2017年8月1日現在)では、人口総数が1373万5582人となっており、対前月比で5724人、対前年同月比で11万1778人も増加しています。2007年の東京の人口は約1282万人だったのですから、この10年間でなんと100万人も増えているのです。100万人というと政令指定都市が2つできるぐらい増えているということです。

 

一方、東京以外の地方では逆に人口が減少し続けており、県によっては県庁のある中核都市でも人の流出が止まらない状況に陥っています。

 

今後を見据え日本全国を見渡したときに「安定した賃貸需要が期待できる」と断言できるのは東京都内だけといっても過言ではないでしょう。

宅地建物取引士
2級ファイナンシャルプランニング技能士

1980年千葉県生まれ。2004年駒澤大学経済学部卒業後大手不動産デベロッパーに入社し、新築投資用ワンルームマンションの販売に従事。その後アメリカ最大手の金融機関へ入行し、リスクマネジメント担当の経験を積む。2008年に大手投資用不動産会社に入社。築浅マンションから築40年のマンションまで様々なブランド物件の、仕入れ専門の売買仲介を経験する。不動産業界の現場最前線で日々、数多くの不動産投資に関する顧客相談を受けつつトップセールスとして活躍し、数々のタイトルを獲得。

2011年、東日本大震災のボランティアで被災者との交流から「自分には何ができるか」を考えた末、「今まで培ってきた経験を活かして、不動産投資にお困りの方、またはこれから不動産投資をお考えの方にプロとして最低限のアドバイス。これならできる!」と、強い思い入れのあった起業を決意。同年9月に投資用不動産専門の株式会社パートナーズを設立。物件の仕入れから販売、賃貸管理などのプロパティ面、アフターサービス、出口戦略まですべてサポート可能な投資用不動産のエキスパート集団を率いる。

著者紹介

連載勝てる不動産投資・・・都内中古ワンルームマンションの選び方

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

吉村 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

いつ? どうやって? なにを? 興味があってもなにから始めればいいのかわからない人が大半。 そんな方に読んでほしい、不動産投資のメリットと勝つためのノウハウが十二分に詰まった一冊。 不動産会社探しのプロセスから…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧