▲トップへ戻る
子どもに身につけさせたい「自分のことは自分でやる」力

本連載は、子どもたちのやる気を引き出し、考える力をはぐくむ"しつもんメンタルトレーニング"を考案したスポーツメンタルコーチの藤代圭一氏が、子どもの力を伸ばす声がけ・接し方などについて紹介していきます。

年を重ねるに従って求められる「自分を律する力」

子どもたち選手は成長すればするほど、自分で立てたルールや計画を大切にし、自分のことは自分でやっていくという自律の力を求められます。

 

幼い頃は、お父さんやお母さん、コーチや先生が手取り足取り支えてくれます。

 

けれど、年を重ねるに従って、自分で自分を律する力を求められます。

 

社会に出たときに、自分の意思を持たず、まわりの人の命令や指示だけを頼りに行動していては、自分らしく輝くことは難しいかもしれません。

 

そう考えてみると、子どもたちが大人になる前から、「誰かに言われたからやる」ではなく、「自らの意思でやる」という心と機会をつくっていくことが必要です。

 

一番の理想は、自分で強化して、自分で戦いに行く選手を育てることなんです。

 

それだけ高い意識を持たないと、世界、ひいては五輪といったギリギリの状況で戦えない。

 

我々は1対1の格闘技の世界にいます。そこで自分自身との戦いというか、孤独に耐えられない人間は勝てません。

 

――井上康生

昨日の自分より成長していることを感じさせるには・・・

では、どうすればそうした心と考え方を育むことができるんでしょう。

 

まずできることは、子どもたちが自分自身で、自分の過去や現在、実現したい未来をイメージする機会をつくること。

 

「どんな未来を実現したいだろう?」

「そのためには何が必要だろう?」

「どんな一歩を踏み出そう?」

 

最高の未来を実現するために、計画を立て、今日できることに行動を移す。

 

できなかったことは改善し、自分との約束を守っていく。

 

約束を実行することで自信も育むことができます。

 

昨日の自分よりも成長を感じられる1日を積み重ねましょう。

 

 今回のポイント 

 

●「言われたからやる」ではなく「自らの意志でやる」力を育てよう

●未来をイメージするきっかけをつくろう

●イメージを実現するための行動を起こそう

 

 今回のしつもん  

 

「どんな未来を実現したいだろう?」

「そのためには何が必要だろう?」

「どんな一歩を踏み出そう?」

メンタルトレーニング代表 メンタルコーチ

1984年名古屋市生まれ。東京都町田市で育つ。スポーツスクールのコーチとして活動後、教えるのではなく問いかけることで子どもたちのやる気を引き出し、考える力をはぐくむ〝しつもんメンタルトレーニング〟を考案。

日本女子フットサルリーグ優勝チーム、インターハイ(サッカー)出場チームをはじめ、全国優勝から地域で1勝を目指すチームまで、さまざまなスポーツジャンルのメンタルコーチをつとめる。

全国各地のスポーツチームや学校教育の現場などでワークショップを開催し、スポーツ指導者、保護者、教育関係者から「子どもたちが変わった」と高い評価を得ている。

ビジョンは「1人でも多くの子どもたち・選手が、その子らしく輝く世の中をめざして」。

著者紹介

連載メンタルコーチが教える! 子どもの力を育てる「声がけ」の極意

本連載は、メンタルトレーニング代表のメンタルコーチ、藤代圭一氏が運営するサイト、「しつもんメンタルトレーニング」に掲載されたコラムより転載・再編集したものです。サイトはこちら⇒http://shimt.jp/

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧