▲トップへ戻る
なぜ大人は子どもの「失敗する権利」を尊重すべきなのか?

今回は、なぜ大人は子どもの「失敗する権利」を尊重するべきなのか、その理由を考えていきます。※本連載は、子どもたちのやる気を引き出し、考える力をはぐくむ"しつもんメンタルトレーニング"を考案したスポーツメンタルコーチの藤代圭一氏が、子どもの力を伸ばす声がけ・接し方などについて紹介していきます。

大人は「失敗」にとても敏感だが・・・

スポーツや人生では失敗や成功を振り返り、気づき、学びを次に活かしていくことで、さらなる成長を期待できます。

 

けれど、僕たち大人は「失敗」にはとても敏感で、できるだけ子どもたち選手の失敗を事前に取り除きたいという気持ちが自然と働きます。

 

それと同時に、頭ではわかっているものの、いざ失敗を見つけると大きな声を出して怒ってしまい、のちに自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

まずは

 

「失敗することがある」ということを理解すること。

 

野球やテニスといった競技は、自分の身体と同時に、バットやラケットを上手に使いこなす技術が求められますし、サッカーは脳からもっとも遠い足を使うので、失敗が起きることが当然ともいえます。

 

人生の中で、

 

何度も何度も繰り返し、

 

わたしは失敗した。

 

それが、わたしが成功した理由だ。

 

 ――マイケル・ジョーダン

失敗から得られることもたくさんある

自分自身のことも振り返ってみましょう。

 

「失敗したことで学んだことは何があっただろう?」

 

そう自分自身に問いかけることで、過去の経験の中に「失敗したからこそ得られたもの」が光り輝いていることに気づきます。

 

僕ら大人が子どもたちに多くを伝えすぎることで、失敗することによって得られる学びを奪ってしまうかもしれません。

 

この失敗からの学びは何だろう?

 

この失敗をどう乗り越えよう?

 

失敗を活かして、どんな準備をしよう?

 

失敗をすることはときに心と体を大きく傷つけてしまうこともあります。

 

ですので、「それを避けたい」という思いは自然な感情ともいえます。

 

けれど、それと同時に、得られることもたくさんあります。

 

もちろん、失敗をそのままにしておいてはいけません。

 

だからこそ、失敗から学びを得るためのしつもんを活用し、子どもたちと経験を活かせる選手に近づきましょう。

 

 今回のポイント 

●失敗から学べることがたくさんある

●失敗をそのままにせず、振り返ろう

●失敗から学んだことを次に活かそう

 

 今回のしつもん  

●失敗したことで学んだことは何がありましたか?

●この失敗からの学びは何だろう?

●この失敗をどう乗り越えよう?

●失敗を活かして、どんな準備をしよう?

メンタルトレーニング代表 メンタルコーチ

1984年名古屋市生まれ。東京都町田市で育つ。スポーツスクールのコーチとして活動後、教えるのではなく問いかけることで子どもたちのやる気を引き出し、考える力をはぐくむ〝しつもんメンタルトレーニング〟を考案。

日本女子フットサルリーグ優勝チーム、インターハイ(サッカー)出場チームをはじめ、全国優勝から地域で1勝を目指すチームまで、さまざまなスポーツジャンルのメンタルコーチをつとめる。

全国各地のスポーツチームや学校教育の現場などでワークショップを開催し、スポーツ指導者、保護者、教育関係者から「子どもたちが変わった」と高い評価を得ている。

ビジョンは「1人でも多くの子どもたち・選手が、その子らしく輝く世の中をめざして」。

著者紹介

連載メンタルコーチが教える! 子どもの力を育てる「声がけ」の極意

本連載は、メンタルトレーニング代表のメンタルコーチ、藤代圭一氏が運営するサイト、「しつもんメンタルトレーニング」に掲載されたコラムより転載・再編集したものです。サイトはこちら⇒http://shimt.jp/

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧