▲トップへ戻る
一般社団、財団法人…「非営利型法人」の税制上の優遇措置

前回に引き続き、公益目的の「社団・財団」を組成して資産を贈与した事例を紹介します。今回は、より詳しい解説と、留意点を見ていきましょう。※本連載では、松木飯塚税理士法人の代表社員で、税理士、中小企業診断士の飯塚美幸氏の著書、『〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例』(新日本法規出版)の中から一部を抜粋し、平成30年度税制改正に対応した、社会貢献のための「贈与」の活用事例を紹介します。

法人税の優遇がある「非営利型法人」

前回の続きです。

 

●解説

 

1 一般社団・財団法人の類型

一般社団法人とは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の定めにより設立される社団形態の法人、一般財団法人とは、同法の定めにより設立される財団形態の法人をいいます。

 

 

2 非営利型法人

一般社団法人又は一般財団法人のうち「非営利型法人」に該当するものは、公益法人等として取り扱われます(法法2六・九の二・別表第2)。非営利型法人とは、34種類の収益目的事業を除いた公益目的の事業を行う法人をいい、法人税の優遇があります(法法2十三・4①、法令5)。

 

この「非営利型法人」には、次の2つの類型が定められています(法令3①②)。認定が難しい公益財団法人の設立をしなくても、一般財団法人で非営利型と認められれば、税制において同様の優遇措置を受けることができます。

 

(1)非営利性が徹底された法人

非営利性が徹底された法人とは、その行う事業により利益を得ること又はその得た利益を分配することを目的としない法人であってその事業を運営するための組織が適正であるものとして以下の要件を満たした法人のことをいいます。

 

① 定款に剰余金の分配を行わない旨の定めがあること。

 

② 定款に解散時の残余財産が公益社団・財団法人等の一定の公益的な団体に帰属する旨の定めがあること。

 

③ ①②の要件にある定款の定めに違反した行為を行ったことがないこと。

 

④ 理事及びその親族等である理事の合計数が理事の総数の3分の1以下であること。

 

(2)共益的活動を目的とする法人

共益的活動を目的とする法人とは、その会員から受け入れる会費により当該会員に共通する利益を図るための事業を行う法人であってその事業を運営するための組織が適正であるものとして以下の要件を満たした法人のことをいいます。

 

①会員に共通する利益を図る活動を行うことを主たる目的としていること。

 

②定款等に会員が負担すべき金銭の額(会費)の定めがあること。

 

③主たる事業として収益事業を行っていないこと。

 

④定款に特定の個人又は団体に剰余金の分配を受ける権利を与える旨の定めがないこと。

 

⑤定款に解散時の残余財産が特定の個人又は団体(一定の公益的な団体等を除きます。)に帰属する旨の定めがないこと。

 

⑥特定の個人又は団体に特別の利益を与えたことがないこと。

 

⑦理事及びその親族等である理事の合計数が理事の総数の3分の1以下であること。

 

3 営利型法人

 

上記2の非営利型法人に該当しない一般社団法人又は一般財団法人については、一切非営利事業をしなくてもよく、法人税法上は株式会社等と同様、普通法人として取り扱われ、全所得に対し課税されます。

非営利型法人は、34事業の収益事業にのみ法人税が課税

●留意点

 

非営利型法人とした場合に、事業は収益事業と非収益事業に区分経理します。非営利型法人では34事業の収益事業にのみ法人税課税され、それ以外の事業には課税はありませんが(法法2十三・4①、法令5)、公益法人に認められた収益事業から公益事業へのみなし寄附金の適用がないため、収益事業以外が赤字となっても収益事業との通算はできません(法令73①三イ・73の2①、法規22の5)。

 

松木飯塚税理士法人 代表社員
税理士・中小企業診断士 

静岡生まれ。静岡大学人文学部卒業。
平成7年、飯塚美幸税理士事務所・エクスプレス・タックス株式会社設立 代表取締役、
平成22年、松木飯塚税理士事務所開業、
平成25年、松木飯塚税理士法人設立、代表社員就任、現職。
税理士・中小企業診断士。
事業承継協議会会員、不動産コンサルティング登録技能士試験委員、(公社)日本証券アナリスト協会PB教育委員会委員。

著書等
「税理士のための相続税の実務Q&Aシリーズ贈与税の各種特例」(中央経済社、平成26年)単著
「小規模宅地特例-実務で迷いがちな複雑・難解事例の適用判断」(清文社、平成26年)単著
「財産を殖やす相続対策プログラム―“守る”財産から“稼ぐ”財産へ」(日本法令、平成13年)単著
「よくわかる税制改正と実務の徹底対策(各年度版)」(日本法令)共著
「最新相続税物納実務の取扱い事例Q&A」(日本法令、平成7年)共著
「新版『資本の部』の実務―改正商法・会計・税務」(新日本法規出版、平成16年)共著 他

松木飯塚税理士法人:http://www.mi-cpta.com//company/

著者紹介

連載平成30年度税制改正に対応!社会貢献のための「贈与」の活用事例

 

〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例

〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例

飯塚 美幸

新日本法規出版

事業承継税制納税猶予特例の新設や一般社団法人等に関する相続税・贈与税の見直しなどの平成30年度税制改正を反映した最新版! 多様な生前贈与プランを紹介! ◆「子や孫への資金援助のため」「争族対策のため」などの目的別…

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2018年12月08日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧