▲トップへ戻る
公益目的の「社団・財団」を組成して資産を贈与した事例

今回は、「社団・財団」を組成して資産を贈与し、公益目的に活用した例を見ていきます。※本連載では、松木飯塚税理士法人の代表社員で、税理士、中小企業診断士の飯塚美幸氏の著書、『〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例』(新日本法規出版)の中から一部を抜粋し、平成30年度税制改正に対応した、社会貢献のための「贈与」の活用事例を紹介します。

資産の一部を、新たな研究財団法人の設立に利用

<Case54> 社団・財団を組成して贈与

 

●活用事例

 

保谷氏は、薬品研究会社を育て上げましたが、結果的に外国資本に譲渡し、自分は引退をしました。

 

日本の研究開発についての政策や資本の脆弱さを痛感した保谷氏は、M&Aで得た莫大な資金のうち夫婦2人の老後資金のみを残し、残額を新たな研究財団法人の設立に充てることにしました。もちろんその資金は相続税非課税、所得税の所得控除となりますが、自分の名を冠した財団の設立は、保谷氏にとっては税金以上の意味を持つものです。

 

新設財団には、創業者一族として、自分と妻、別に起業している長男が理事として入り、天下りになりがちな他の理事が財団の目的に沿った実効性ある活動を適切に実施するかどうかをチェックしていきます。

将来にわたり保全したい資産等の「受贈団体」にできる

●活用の効果

 

国等への寄附はその団体の利用目的に期待して行いますが、目的とする適切な団体がない場合、また自分の資産を公益目的に利用し保全しようとするなら、自ら公益社団や財団を組成してそこに資産を贈与するケースもあるでしょう。

 

コストと時間がかかり一族だけで支配することはできませんが、資産を非課税で贈与でき、財団を通じて将来にわたって活かし、一族の名と実を残すことでき、かつ、相続税の対象ともなりません。

 

公益認定を受けるには、主務官庁の認定によるハードルがあるため、非営利の一般社団法人や一般財団法人のうち、特定一般法人として機関構成や基金制度を組成できれば、将来にわたって保全したい資産等の受贈団体とできるでしょう。いわゆる究極の相続対策と呼ばれる方法です。

 

ただし、自社株については、国等や公益法人等に贈与すると、自社の支配関係に影響してしまいます。特定一般法人とならずに社団や財団を組成して、非課税優遇を受けることはできなくても自社株を贈与し持株会社として活用すれば、現行税制では、会社支配権維持と相続税切り離しのための方法となります。

 

この話は次回に続きます。

松木飯塚税理士法人 代表社員
税理士・中小企業診断士 

静岡生まれ。静岡大学人文学部卒業。
平成7年、飯塚美幸税理士事務所・エクスプレス・タックス株式会社設立 代表取締役、
平成22年、松木飯塚税理士事務所開業、
平成25年、松木飯塚税理士法人設立、代表社員就任、現職。
税理士・中小企業診断士。
事業承継協議会会員、不動産コンサルティング登録技能士試験委員、(公社)日本証券アナリスト協会PB教育委員会委員。

著書等
「税理士のための相続税の実務Q&Aシリーズ贈与税の各種特例」(中央経済社、平成26年)単著
「小規模宅地特例-実務で迷いがちな複雑・難解事例の適用判断」(清文社、平成26年)単著
「財産を殖やす相続対策プログラム―“守る”財産から“稼ぐ”財産へ」(日本法令、平成13年)単著
「よくわかる税制改正と実務の徹底対策(各年度版)」(日本法令)共著
「最新相続税物納実務の取扱い事例Q&A」(日本法令、平成7年)共著
「新版『資本の部』の実務―改正商法・会計・税務」(新日本法規出版、平成16年)共著 他

松木飯塚税理士法人:http://www.mi-cpta.com//company/

著者紹介

連載平成30年度税制改正に対応!社会貢献のための「贈与」の活用事例

 

〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例

〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例

飯塚 美幸

新日本法規出版

事業承継税制納税猶予特例の新設や一般社団法人等に関する相続税・贈与税の見直しなどの平成30年度税制改正を反映した最新版! 多様な生前贈与プランを紹介! ◆「子や孫への資金援助のため」「争族対策のため」などの目的別…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧