会社の設立…許認可が必要な事業か否かをチェックするには?

本連載は、起業コンサルタントとして活躍する中野裕哲氏の著書、『起業の疑問と不安がなくなる本』(日本実業出版社)から一部を抜粋し、起業の際の会社設立・許認可に関する疑問に焦点をあて、詳しく解説をしていきます。

法的な確認をしないで、素人判断のみで進めるのは危険

<情報のレベル>☆☆☆☆☆

Q:手掛けるビジネスの構想が固まった段階で、法的に問題がないか専門家のチェックを受けたほうがいいでしょうか?

 

A:業種・業態によって許認可申請が必要な場合があるので要注意

 

ビジネスモデルの構想が固まってきたら、許認可が関わる事業かどうかといった法的な視点でのチェックが必要です

 

日々多くの起業相談を受けていると、これまでなかったような画期的なビジネスモデルと出会うことがあります。そんなときは筆者も非常に興奮しますし、この構想を実現するためにはどうすればいいか、起業支援の専門家としての能力をフルに発揮してアドバイスしています。

 

具体的な準備を先に進める前に、必ず行政書士などの専門家への相談・確認をしておきましょう。法的な確認をしないまま素人判断だけで進めてはいけません。

 

これは、知らない間にあなたが法を犯さないためです。後々ムダな時間やお金をかけるのを避けるため、それが原因で起業に失敗しないためでもあります(相談を受けた結果、法的に問題がないビジネスモデルへと調整が可能な場合もよくあることです)。

 

許認可や資格の取得が必要かどうかを専門家に相談・確認しましょう。特に創業融資の借入を希望している場合、ビジネスモデルとして許認可や資格が必要かどうか、それをきちんと取得しているかどうかが必ずチェックされます

許認可申請の際に注意したい「6つ」のポイントとは?

以下、許認可に関連して注意したいポイントを6つ説明します。

 

1 定款の事業目的

許認可が必要な事業を行なうときは、「定款(ていかん)」のなかの「事業目的」に許認可に適した目的を入れる必要があります。

 

「定款」とは、簡単に言うと会社の基本的なルールを決めた文書で、会社を設立するときに作成することが必須とされています。

 

定款のなかの重要項目のひとつが「事業目的」です。事業目的には、会社が行なう事業内容を列挙し、会社はそこに記載した項目の範囲内でのみ活動することができます(図表参照)。許認可を受ける必要があるビジネスの場合、事業目的にそのビジネスが記載されていないと許認可が受けられません。つまり、会社設立の手続きに入る前に、許認可についても調べておく必要があるのです。十分に注意してください!

 

なお、個人事業の場合は定款が不要なため、このことは気にしなくてもOKです。

 

2 本店所在地、事業所

許認可によっては、本店所在地や事業所についての要件が厳しく定められているものがあります。たとえば、面積、入口から面談スペースまでの導線やプライバシーへの配慮などです。自宅やバーチャルオフィスを本店所在地にしようと考えている場合、特に確認が必要です。条件に合ったオフィスを賃貸する方向へ方針変更が必要かもしれません。

 

3 資本金

許認可によっては、最低限必要な資本金額が決まっているものがあります。会社設立前に確認しましょう。

 

4 人事労務

自分が必要な資格をもっていない場合、または資格をもった人の数を揃えることが要件になっている場合、以下の対策を検討する必要があります。

 

●時間をかけて資格取得をする

●資格をもった人を役員や従業員として迎える

●ビジネスのうち資格が必要な部分を切り分け、資格をもつ外部業者と連携する

 

5 収益性

前述の条件に合った事業所をもつ必要がある場合、資格をもつ人を雇用する必要がある場合などでは、ビジネスの収益性そのものに影響を与える可能性もあります。

 

6 財務

意外と盲点なのが許認可による資金繰りへの影響です。とりわけ創業融資を前提としている場合、許認可がおりた時点で融資実行というのが通常。そこまで、資金繰りがもつかどうか、自己資金額を決める際に十分な検討が必要なのです。特に不動産業や介護事業など、許認可がおりるまでに長い時間(3〜6か月程度)がかかるビジネスでは注意してください。

 

[図表]許認可の代表的なものと「事業目的」の記載例

起業コンサルV-Spiritsグループ 代表 起業コンサルタント®、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー

年間約200件~300件の起業相談を無料で受け、多くの起業家を輩出。起業準備から起業後の経営まで、窓口ひとつで支援している。
日本最大の起業支援ポータルサイト「ドリームゲート」にて7年連続相談件数日本一。最優秀賞受賞他8部門受賞実績。
主な著書に『起業の疑問と不安がなくなる本』(日本実業出版社)、『起業で使える事業計画書のつくり方』(ソシム)などがある。

著者紹介

連載起業のための「会社設立・許認可」の実践的ノウハウ

起業の疑問と不安がなくなる本

起業の疑問と不安がなくなる本

中野 裕哲

日本実業出版社

本書は、経済産業省が後援する起業支援サイト「ドリームゲート」で、累計面談相談者数4年連続日本一の実績をもつ人気起業コンサルタントの著者が、相談業務でよく受ける質問を分野ごとにまとめてアドバイス。 「情報のレベル…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧