「得する相続」の鉄則②…対策は誰の主導で取り組むべきか?

前回に引き続き、「得する相続」の鉄則を見ていきましょう。今回は、相続対策は誰の主導で取り組むべきかを探ります。※本連載は、株式会社アレース・ファミリーオフィス代表取締役、アレースグループ代表で、一般社団法人相続終活専門士協会代表理事を務める江幡吉昭氏の著書、『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』(アスコム)の中から一部を抜粋し、地主、都市農家など広い土地を引き継ぐ人のために、「得する相続」の鉄則を紹介します。

外の世界を知っている「2代目・3代目」が舵を取る

鉄則②

2代目、3代目が主導したほうが相続はうまくいく

 

地主や都市農家のみなさんが相続対策に取り組むにあたっては、一族のメンバーの中で誰が舵を取るのかが重要です。

 

一般には、年配の家長がほとんどの資産を所有し、相続対策にあたっても家長の判断が優先されます。ただ、それが決断の遅れや、見て見ぬふりにつながっている面もあります。変化の激しいいまの時代を乗り切っていくには、地元の狭い、昔ながらの世界しか知らない家長が一歩引き、外の世界を知っている2代目、3代目に舵取りを任せてもらうほうがうまくいきます。

 

もちろん、最終判断は家長にしてもらうべきですが、いろいろな情報を集め、外部の専門家とやり取りし、具体的なプランを立てるのは、2代目、3代目が担当すべきです。

相談相手を間違えれば、対策に失敗することも・・・

鉄則③

昔からの付き合いは捨て、適切な相談相手を探すべし

 

地主や都市農家のみなさんには、昔から付き合いのある税理士や会計士、銀行、JAなどいろいろな相談相手がいるはずです。特に年配の方々は安定を好む傾向が強いこともあり、相続対策でもそうした昔なじみを信頼しているケースが少なくありません。

 

しかし、時代が大きく変わってきているのですから、2代目、3代目のみなさんは相談相手もゼロベースで見直すべきです。昔ながらの親の相談相手が意外に、時代の変化に対応できていないことがあるからです。相談相手を間違えたために、相続対策に失敗するケースは少なくありません。

 

一度に切り替えるのが難しい場合、まずはほかの専門家などにセカンドオピニオンを依頼するところから始めてみるとよいでしょう。

株式会社アレース・ファミリーオフィス代表取締役
一般社団法人 相続終活専門士協会代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、富裕層の資産運用・税務・財務管理を行うファミリーオフィスを開設。「金融に関してフェアで誠実な存在」として、中立的な立場から、富裕層の資産防衛を包括的に行う。

著者紹介

連載地主、都市農家必読! 「広い土地」をお得に相続する方法

500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続

500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続

江幡 吉昭

アスコム

いざ、相続税対策をしなければならないとなった時、あなたは誰に相談しますか? 知り合いの税理士に頼むという人が多いのではありませんか? しかし、税理士の選び方しだいで相続税で損をすることもあれば、得もすることもあり…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧