予備校通いで「成績が上がる生徒」「上がらない生徒」の違い

近年の医学部受験はますます「狭き門」となっています。しかし、合格を掴むために特別な方法が必要なわけではありません。本連載では、効率的に実力をつけ、確実に結果を出す「医学部合格メソッド」を紹介します。

予備校で成績を伸ばすには「自分の弱点の把握」が必要

成績を上げるために、多くの人が予備校に通います。予備校では、受講生を100人も収容できるような大きな教室で講義が行われることもあります。

 

同じ予備校で同じ講義を受けて成績を大きく伸ばす人もいれば、そうでない人もいます。受講したのが有名なカリスマ講師のすばらしく分かりやすい講義であっても、このことは変わりません。では、成績を上げられない人が出てしまうのはなぜでしょうか。実はこの理由は特に難しいものではありません。

 

成績が伸びるプロセスについて、シンプルに考えてみましょう。成績が伸びるためには、

 

①分からないこと、できないことを見つける

②知識を得たり、練習をしたりしてそれを克服する

③成績が伸びる

 

というプロセスが必要です。

 

予備校の講義というのは、②の「知識を得る」というところをカバーするものです。しかし、本来成績を上げるためには「自分はどこでつまずいているのか」、「どこができないのか」を事前に把握しておかなければなりません。知識の穴を埋めることによってのみ成績は伸びるからです。予備校で講義を受ける人のうちどのくらいの人が、自身の弱点を「正確に」把握しているでしょうか。

 

自分のレベルと予備校のカリキュラムの「一致」が大切

また、たとえ自身の弱点を把握できていたとしても、予備校の講義は多数を対象としているため、高学力者にとっては「授業の内容が簡単すぎて役に立たなかった」ということもあり得ます。知っていることを重ねて聞いても、成績は伸びません。

 

では、「勉強が苦手で、初めて聞くことばかりだった」という場合はどうでしょうか。すべてを吸収できてみるみる成績が上がるのでしょうか。残念ながらそんなことはありません。そこまで知識がない状態では、何を言っているのかさえさっぱり分からない、となってしまうでしょう。

 

では、予備校に通って成績が上がるのはどんな人でしょう。集団授業で成績が上がるのは、その講義がターゲットとする学力層(上過ぎても、下過ぎてもダメです)、さらにその講義で得られた新たな知識を定着させるためにきちんと復習ができた人です。

 

予備校には、教科書や参考書を読むだけでは理解が難しい内容について、分かりやすくかみ砕いたすばらしい講義を行ってくれる講師は少なくありません。問題の解き方、知識の入れ方、情報の整理の仕方を鮮やかに説明して、学力アップの方法を示してくれる講師はとてもすばらしいものです。自分のレベルが予備校のカリキュラムにぴたりと合えば、成績は上がりやすいでしょう。

学習塾講師、教室長などを経て、2010年2月に恵学社を設立。難関医学部向け少人数教育予備校の「烏丸学び舎」「学び舎東京」「学び舎東京PLUS」、科学的な学習法を掲載するWebメディア「Study Hacker」英語のパーソナルジム「ENGLISH COMPANY」を次々と立ち上げ、業績を急激に伸ばしている。

著者紹介

連載医学部合格を実現する「効率的な受験勉強」のメソッド

 

 

逆転合格を実現する 医学部受験×パーソナルトレーナー

逆転合格を実現する 医学部受験×パーソナルトレーナー

岡 健作

幻冬舎メディアコンサルティング

「なにがなんでも受かりたい」親子必読! パーソナルトレーナーとともに目指す、医学部「逆転合格」! スポーツ選手だけではない、受験にもパーソナルトレーナーが必要――。 いくつもの予備校を開講し、医学部合格者を多数…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧