▲トップへ戻る
確定申告後の大家が「金融機関への定期報告」に行くべき理由

今回は、確定申告後の大家が「金融機関への定期報告」に行くべき理由を説明します。※本連載は、FPオフィス・ケセラセラ横浜代表、ファイナンシャルプランナーの齋藤岳志氏の著書、『FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋し、「大家業」を充実させるためのポイントを解説します。

返済を行うだけでは「その他大勢」に埋もれてしまう

多くの大家業は、金融機関から融資を受けることでスタートを切ることができます。金融機関にとっても、お金を皆さまにお貸しすることで、長期的なお付き合いがスタートします。

 

金融機関は、顧客とのなれ合いが起きないように、おおむね3年ごとに担当者を異動させます。だから、担当者との付き合いは、そのたびに途切れてしまいますが、その金融機関との付き合い、ひいては融資を受けたその支店との付き合いは、完済するまで継続します。このことをしっかり覚えておいてください。

 

皆さまが融資を利用して長期的な収益を上げていくのと同じように、金融機関も皆さまに融資をして利息を付けて返済してもらうことを通して収益を上げていきます。両者は、一心同体のような存在ではないかと私は考えています。つまり、皆さまが大家として行う賃貸業が傾いてしまえば、金融機関も利息収入が途絶えてしまいかねないという意味で、一蓮托生ではないかということです。

 

金融機関はいろいろな方に融資を行っていますから、皆さまがお借りする金額というのは、全体の中で見れば少額なのかもしれません。しかし、貸し出しをしているお客さまの一人という点では同じです。

 

では、その中で大勢のお客さまの中に埋もれず、皆さまが金融機関や支店の中で目立つ存在になるにはどうしたら良いと思いますか?

 

その一番良い方法は、定期的な報告をすることだと私は考えています。大家業に限らず、他の事業を行っている会社も含めて、皆さまお金を借りるまでは必死にいろいろと考えたり、金融機関からの要望を踏まえてさまざまな対応をしたりします。融資を受けることが目的であるので、当然と言えば当然です。

 

ただ、その目的を達成してからがスタートなのに、融資を受けてしまうと、それっきり連絡をしなくなってしまう方がとても多いそうです。金融機関には、「決まった期日に遅れることなく利息を付けてお金を返してくれればOK」という大前提があるので、毎月の返済を滞りなく行っているのであれば何ら支障はありません。

 

しかし、これでは、「その他大勢」に埋もれてしまいます。そこで、ぜひ皆さまにしていただきたいと思うのが、定期報告です。その報告のタイミングで一番良いのが、確定申告をした後です。

申告書類を持参して顔を合わせ、融資姿勢などを確認

確定申告は不動産を含めた1年の収支決算のような書類です。その書類を金融機関に毎年持参して、昨年の報告をするのです。

 

皆さまの多くが決算報告などに関してあまり明るくないのは、金融機関の方も分かってくれていますので、顔合わせのような感じで良いと思います。不動産収支の部分の大枠をお伝えし、大家業拡大という意味で追加物件の購入も検討しているという話をして、追加で融資していただける見込みがあるかないかを参考までに聞くという場になれば、有意義な時間になるのではないかと思います。

 

私自身も、毎年必ずこの報告をするため、金融機関に行くようにしています。年に一度であれば、支店長や融資の責任者も、時間を割いていただける可能性が高いです。20分や30分でも十分。ここで話をすることで、その金融機関のその時点での融資姿勢が垣間見えたり、追加の融資が受けられるかどうかの目安も見えてきたりもするのです。

 

金融機関の担当者も人間です。顔を合わせない人よりも、たとえ年に一度であったとしても顔が見える人の方に、信頼を置きたくなると思うのです。また、顔を合わせていれば、融資が本当に必要になったときも話がしやすいですし、毎年の確定申告書などの資料も渡しているので、すぐに話を進められるでしょう。

 

ぜひ、確定申告をした後には、金融機関との関係作りという意味合いも兼ねて、訪問してみてください。ただ、くれぐれもアポなしで行かないようにしてください。事前に電話をして日時を決めてから伺うのがマナーです。

FPオフィス ケセラセラ横浜代表/CFP 

1977年生まれ。上智大学文学部哲学科卒。百貨店、税理士事務所、経営コンサルティング会社などへの勤務を経て独立。株式投資に始まり、信用取引や商品先物取引、投資信託やFXなどの投資を経験し、その中で自分の性格や考え方に一番合った大家業を2007年にスタート。以来中古ワンルームを中心とした資産形成に取り組んでいる。空室になることはほとんどなく、安定した収益を得ている経験を生かして、不動産投資に関するアドバイスを中心としたファイナンシャルプランナーとしても活動中。「資産運用のスタートで失敗させない、後悔させない」「不安を安心に変えてあなたと一緒に最適な未来(スタイル)を考える」をモットーにしている。

著者紹介

連載物件選びから税理士選びまで…「大家業」を充実させる方法

 

FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由

FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由

齋藤 岳志

合同フォレスト

ファイナンシャルプランナー、経営コンサルタントとして活躍する著者が、不動産投資・大家業で失敗しない鉄則を大公開。人生における経済面・精神面での不安は、不動産収入で解消できます! 会社員を続けながら取り組む方法を…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧