FX投資の失敗事例①急激な値動きに対応できなかった…

本連載は、オフィスミックスナッツ代表で現代ビジネス兵法研究会のメンバーの安恒理氏の著書、『図解 知識ゼロからはじめるFXの入門書』(ソシム)の中から一部を抜粋し、成功と失敗の事例から「負けないFXの投資法」を紹介します。

今後の投資に生かすヒントとなる「失敗パターン」

実際にFXをはじめてみると、思惑どおりに為替が動かなかったり、予測できても利益が思うように上がらなかったりするなどの悩みが出てきます。

 

FXで失敗する人には、「急な変化に対応できない」「市場を確認せず放置してしまう」「いつでも取引したくなる」「欲張る」などの投資のクセがあります。

 

一方、FXで稼いでいる人には、「投資するポイントをきちんと見極めている」「大勝ちを狙わず地道に利益を重ねている」などの共通点もあります。本連載ではこうしたトレーダーたちの成功・失敗事例を解説することで、今後の投資に生かすためのヒントを紹介しています。

 

失敗パターンを覚えておくことは特に重要で、現在、FXで利益を上げている人たちもはじめからうまくいったわけではなく、失敗を積み重ねて、徐々に多くの利益を獲得できるようになったのです。失敗経験は同じ過ちを繰り返さなければ、それが成功への近道になるので、ぜひ参考にしてみましょう。

予想外のトランプ当選で大きな損失を抱えることに…

アメリカでサブプライムローン問題が発覚(2007年)するまで株式投資を行なっていたAさんは、当時の株式暴落による損失をきっかけにFXに参入。手堅く利益を得ていたものの、手痛い損失を出してしまいました。

 

当時Aさんは、為替に大きな影響を与える経済指標(主にアメリカ)が発表された直後、市場が大きく動くタイミングを狙ってFX投資を行なっていました。Aさんはトレンドに乗って取引を続けていましたが、2016年11月9日、Aさんが後に「運命の日」と呼ぶ「アメリカ大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利した日」に事件は起こりました。

 

この日の午前、事前の予想を覆して、ドナルド・トランプ氏が当選するかもしれないという情報が世界を駆け巡りました。

 

Aさんは1米ドル=102円50銭で20万ドル売りの逆指値注文を出して外出しました。その後ドル安は進み、101円台前半まで進行しましたが、今度は1時間もしないうちに急反発します。夕方、帰宅したAさんがチェックしたときは1米ドル=103円超まで戻していました。

 

Aさんは慌てて買い決済しましたが(1米ドル=103円60銭)、損失はすでに22万円ほどまで達していました。

激しい値動きが予想されるときは「自動売買」を活用

【急激な値動きに対応できなかったAさん】

 

オフィスミックスナッツ代表
現代ビジネス兵法研究会 

1959年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。出版社に勤務。月刊誌の編集に携わった後、ライターとして独立。マネー誌への執筆を中心に、投資、ビジネス、歴史、スポーツ、サブカルチャーなど幅広い分野で執筆活動を行う。主な著書に『いちばんカンタン!株の超入門書』、『いちばんカンタン!FXの超入門書』(高橋書店)、『図でわかる株のチャート入門』(フォレスト出版)、『「孫子兵法」のことがマンガで3時間でマスターできる本』(共著、明日香出版社)ほか多数。

著者紹介

連載成功・失敗パターンから学ぶ「負けないFXの投資法」

図解 知識ゼロからはじめる FXの入門書

図解 知識ゼロからはじめる FXの入門書

安恒 理

ソシム株式会社

本書の特徴 魅力1 少額で大金を動かせる 魅力2 平日24時間取引OK 魅力3 投資先が少なく、ハードルが低い 魅力4 円安・円高のどちらでも稼げる 魅力5 儲ける方法が2種類ある 魅力6 マルチデバイスに対応 超初心者でもO…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧