▲トップへ戻る
起業時の最適な設備投資が重要となる「コインランドリー経営」

今回は、コインランドリー経営において、起業時の最適な設備投資が重要となる理由を見ていきます。※本連載は、株式会社mammaciaoの代表取締役、三原淳氏の著書、『知っている人だけが儲かるコインランドリー投資のすすめ』を一部抜粋し、コインランドリービジネス開業のポイントを見ていきます。

集客できる設備を整えるには、1000万円以上必要

背水の陣といえばカッコいいのですが、ビジネスには余裕も必要です。まずは開業前の投下資金、コインランドリーに設置する洗濯機や乾燥機などの購入資金と設置のための工事費、開業のための用地確保に伴う費用や改造費の捻出があります。

 

昔の、学生や単身者を対象にしたようなコインランドリーならば、家庭用洗濯機を並べただけでも開設できたかもしれません。しかし今、脚光を浴びているのは主婦などを対象にした新しい形のコインランドリーです。最低でも機械設備に1000万円以上かけていないと見向きもされません。さらに水道、電気、ガス等の配管やダクトなどの工事費がかかります。

 

それなりの開業資金をかけることも、後発で参入してくる同業他社を遠ざけるという点では有利なのですが、その額は悩ましい問題です。

中途半端な費用削減をせず、費用対効果も十分検討を

これだけの先行投資資金が必要であるにもかかわらず、コインランドリーが増え続けているのは、開業資金借入れが比較的容易だという事情もあります。それでなくとも昨今の日銀によるマイナス金利政策の影響で、金融機関は血眼になって借主を探しています。史上最低水準の低利なのです。

 

コツコツ貯め込んで、500万円程度の資金を作ったとします。本人がそこまで頑張って資金を作ったのですから、親兄弟も協力してくれるでしょう。銀行に預けていても微々たる金利しか付かないので、手堅い商売ならば協力しようという気にもなります。本人が準備した資金と同額程度協力してもらえば、これで1000万円の開業準備資金ができます。

 

さらに保証人も必要としない公的な金融機関では、基本的には自己資金と同額までの融資ならば可能です。ましてフランチャイズ加盟によって、成功事例に基づく事業計画を提示できますから、さらに融資の可能性が高まります。

 

もちろん本人の熱意こそが、金融機関を動かす一番の原動力なのですが、今現在の金融情勢やコインランドリー事業の将来性など、多くのチャンスに恵まれているのがこの業界の現状です。

 

だからこそ、起業時に最適な設備投資を行うことが、長い目で見ると必要になってきます。中途半端な費用削減をせず、費用対効果も十分検討してください。金融機関も将来性を重視しますから、必要な先行投資については十分相談に乗ってくれるはずです。

 

自分で用意した金額に加え、開業準備資金として公的金融機関から同額程度を低利で借入れれば、余裕を持ってコインランドリーが開設できます。

株式会社mammaciao 代表取締役

1967年、東京生まれ。専修大学経営学部卒業後、ファイザー製薬にMRとして入社。その後、大手スーパー、OA機器販売会社、印刷会社の営業を経て、業務用洗濯機輸入商社に入社。退社後、米国の大手洗濯機メーカーのデクスター社と日本における独占販売契約を結び、2000年に株式会社エムアイエス(現・株式会社mammaciao)を設立、代表取締役に就任。環境配慮型エコランドリー『mammaciao(マンマチャオ)』のFC展開を始める。
2017年4月現在、全国に331店舗を出店、さらにいずれも業界初となる『トラブル受付コールセンター』『ネット遠隔操作返金システム』、さらには電子マネー(Suica・Edy・WAON・nanaco等)が利用可能な『電子マネーランドリー』を開発した。

WEBサイト https://mammaciao.com/

著者紹介

連載知っている人だけが儲かる「コインランドリービジネス」開業の極意

 

 

知っている人だけが儲かる コインランドリー投資のすすめ

知っている人だけが儲かる コインランドリー投資のすすめ

三原 淳

幻冬舎

マンション買うならランドリーを買え! 雨の日は空から100円玉が降ってくる サラリーマンや主婦、初心者にも最適! 手間なし・リスクなしで副収入を得る、まったく新しいビジネスとは? プロが教える、コインランドリー…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧