儲けるための会計…「税務会計」と「管理会計」の違いとは?

今回は、「税務会計」と「管理会計」の違いについて見ていきます。※本連載では、楽天市場で人気の花屋「ゲキハナ」を運営する古屋悟司氏の著書、『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(案内人・田中靖浩氏/日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、実体験をもとに、会社の儲けるパワーを高めるための「管理会計」の活用法を解説していきます。

「管理会計」は儲けるための会計

前回の続きです)

 

ただ、費用の分け方と、儲かる話になんのつながりがあるのかは、疑問のままです。

 

僕「こうやって分けるのって、どんな意味があるんですか?」

 

税理士「こういう分け方や計算をするのは、儲けるためです。そして、それは『管理会計』と呼ばれています」

 

僕「それがわかると儲かるんですか?」

 

と聞いてみたものの、全然儲かる感じがしないんですが・・・。

 

税理士「まあ、そうあせらずに」

「数字が読めると本当に儲かるんですか?」

僕「僕の会社は虫の息なんで、あせってるんです! ところで、『管理会計』ってなんですか?」

 

税理士「儲けるための会計です。一般的な会計、いわゆる決算書を作る業務とか、税金を支払うための会計を『税務会計』といいます。今回は、管理会計という会計の話をしていきます」

 

僕「儲けるための会計が管理会計ですか? じゃあ、それを学んで数字が読めると本当に儲かるんですか? 裏を返すと、数字が読めないと儲からないってことですか?」

 

税理士「はい。知っておくと知らないとではずいぶん違います。数字が読めると、儲かります。まずは、自分の会社の固定費と変動費をしっかりと分けていくことが大切です。そこがきちんとわかってくると、儲けるための計算がとてもわかりやすくなるからです」

 

本当に数字が読めないと儲からないのかなあ? それに、数字って苦手なんだよなあ・・・。


いずれにせよ、「費用の性質を知る」ことと「僕の会社が儲かる状態になる」のと、どんな関連性があるのかという疑問は残ったままです。

 

「儲けるための会計」とはいったいなんなのか? 聞き慣れない話を聞いたので、正直エネルギーを消耗しましたが、儲けるためのヒントくらいは何かつかめるかもしれないと思い、話の続きを聞きました。

 

(続)

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

楽天市場で人気の花屋「ゲキハナ」を運営。1973年生まれ。2004年、順調だった営業の仕事を辞め、たった1か月の研修ののち、花屋を開業。いきなり閑古鳥が鳴くようになり、背水の陣でネット販売に着手。売上はうなぎのぼりになったが、数年後、決算書を見るとずっと赤字だったことに愕然とする。その後、会計を学んだことをきっかけに、倒産の危機を乗り越え、V字回復に成功。以降、黒字を継続中。現在は、「ゲキハナ」の運営に加えて、「黒字会計.jp」のサイト運営や管理会計ソフトの販売を通じて、小さな会社を中心に「黒字化のノウハウ」を紹介している。著書『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(日本実業出版社)は「会計本」としては異例のヒットになり、アマゾンビジネス書ランキングでも1位を獲得。

著者紹介

連載会社の儲けるパワーを高める「管理会計」入門

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

古屋 悟司 田中 靖浩(案内人)

日本実業出版社

ずっと赤字体質だったのが、スゴ腕の税理士に教わったとたん、V字回復して黒字が続いているという、著者の実体験をもとにした超実践的な会計の入門書。 ●「お金はあとからついてくる」はウソ ●固定費はニートな費用、変…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧