賃貸物件の大家に「自主管理」をする人が少ない理由

今回は、賃貸物件の大家に「自主管理」をする人が少ない理由を見ていきます。※本連載では、フィルコ株式会社 代表取締役・芝辻保宏氏の著書、『賃貸マンション 管理会社VS自主管理』(株式会社澪標)の中から一部を抜粋し、不動産賃貸経営における、「管理会社への委託」と「自主管理」、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

クレーム、空室率・・・自主管理による「ストレス」とは?

前回の続きです。

 

「精神的安心感」

 

悪質クレーマー、モンスターペアレント……このような言葉を使われるようになったのは2000年代に入ってからでしょうか。一説ではインターネットやスマートフォンの普及による通信手段の発達により場所を問わず苦情を言える環境になってきたこともクレーマー増加の一端と言われています。

 

現代はストレス社会と言われていますが、不動産業者からの時間を問わない電話や入居者の心無い言葉により精神的な苦痛を受けられた大家さんは少なくありません。

 

書籍『賃貸マンション 管理会社VS自主管理』管理会社の章で触れましたがマンション管理業はクレーム産業と揶揄されています。

 

管理会社の社員がストレスを受けて、病気になったり、離職するものも少なくありません。管理のプロであってものこのようになるわけですから、この悩みは深刻です。

 

また、空室が多くあったり、空室期間が長引くというのもストレスを感じます。

 

家族で出かけていても、食事をしていても、入居申し込みの連絡がこないかどうか電話が気になって仕方ありません。そして電話が鳴ったかと思うとクレームの電話だったり。

 

このように電話というのは固定電話から携帯電話が普及し便利なツールでなってきましたが、良い話だけでなくに悪い話(クレーム)も否応無しに入ってきますので、一気に気持ちが滅入ってしまうこともあります。

 

このように苦痛を強いられている大家さんは「精神的安心感」を求めて自主管理をやめられるようです。

副業大家さんは、管理に「時間」を費やすのが難しい

「時間」

 

1日24時間は人が生活をする中で共通のものです。当たり前のことですが、この限られた大切な時間をどのように使うかは人それぞれの考え方により異なります。

 

仕事に時間を費やす人、家族との時間に費やす人、余暇や趣味に費やす人。ご自身の環境や経済状況、人生設計によって様々な時間の使い方があるでしょう。

 

もともとお勤めをされていながら相続や代替わりなどにより大家さんになった方や副業として不動産投資をされているいわゆるサラリーマン大家さん、専業主婦の大家さん、これらの方は大家業を専業としているわけではありませんので、賃貸経営や管理に時間を費やすことは難しいので管理会社に任せざるを得ません。

 

大家業が本業の方であれば、賃貸経営や管理に時間を費やすことができるでしょう。

 

トラブルは未然に防ぐことができるものもあれば、必然に起こるものもあります。いくら対応する準備をしていたとしても、いざトラブルがあった時に取られる時間、各種電話の受付や応対に要する時間など「経験値」が少ないと無駄に「時間」を費やすことになりやがて「精神的苦痛」を感じることになります。

 

また、高齢により若い時よりも動くスピードが衰えてきた大家さんや、旅行に行かれたり家族との時間を大切にしたい大家さん、旅行や自分の趣味のために費やす時間が欲しいと思われている大家さんもたくさんいらっしゃいます。

 

このように自主管理は、幾分かの「費用」を節約することができる反面、ご自身の「精神的安心感」と「時間」を奪われます。

 

反面、管理会社に委託することで必ず「精神的安心感」と自由な「時間」を得られるかといいますと、必ずしもそうとは限りません。

 

そしてこれからの「大空室時代」では、管理会社に委託する費用が捻出できなかったり、管理会社が管理を受託してくれない大家さんも増えてくると考えられます。

 

管理会社に委託しているが不動産賃貸経営がうまくいっていない、自主管理を長年してきたが不動産賃貸経営がうまくいかない、このような大家さんにとって不動産賃貸管理をどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

[図表]管理会社VS 自主管理 まとめ

フィルコ株式会社 代表取締役 宅地建物取引士

コンピュータ専門学校卒業後、コンピュータシステムの会社に勤務。その後、大手不動産会社に転職。不動産賃貸管理の部署に配属され、主に一棟アパート・マンションの管理業務に携わる。
またグループ会社への出向等で業務の幅を広げ、賃貸管理の受注業務、区分所有建物や一棟アパート・マンション、駐車場などの売買業務を経験し、多くの資産家と出会う。
しかし一社員としての仕事に限界を感じ、更なるステップアップを目指し、不動産賃貸物件にとどまらず、不動産の有効活用や不動産の売買などの不動産資産を通じて資産家の悩みを相談できるコンサルティング会社としてフィルコ株式会社を設立、代表取締役に就任。

著者紹介

連載管理委託? 自主管理? 大空室時代の賃貸物件「管理」術

本連載は、2017年6月10日刊行の書籍『賃貸マンション 管理会社VS自主管理』(株式会社澪標)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

賃貸マンション 管理会社VS自主管理 ~大空室時代を生き抜く賃貸経営術~

賃貸マンション 管理会社VS自主管理 ~大空室時代を生き抜く賃貸経営術~

芝辻 保宏

株式会社澪標

人口の減少、住宅の供給過多の中、不動産賃貸経営はより一層厳しい環境にさらされています。 これからの賃貸経営の勝ち組になるにはどうすればいいのか。不動産業界に20年以上携わってきた筆者が不動産賃貸経営における悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧