「東京」での不動産投資・・・始めるなら「今」といえる理由

今回は、「東京」で不動産をするなら、「今」といえる理由を見ていきます。※本連載では、株式会社ベルテックス代表取締役・梶尾祐司氏の著書、『20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資』(株式会社パレード)の中から一部を抜粋し、若年層の資産形成に最適な不動産投資術を解説します。

オリンピック開催に向け、地価高騰が期待される東京

ここ数年不動産市況は右肩上がりです。

 

「東京五輪まで東京の不動産価格は上昇し続ける!?」

「東京五輪が終わったら東京の不動産価格は必ず下落する!?」

 

など、さまざまな憶測が流れています。

 

今のタイミングで買ったほうがよいかを問われれば、

 

「できるだけ早く買ったほうがよいでしょう」と私は答えています。

 

なぜならばロンドンオリンピックのときも、それ以降も、ロンドンの地価は十数年以上ずっと上がっています。理由の1つとして考えられるのが都市のインフラがより整備され、生活しやすくなって都市の価値が上がったからです。

 

ですから、日本も同じようにインフラが整備されることによって、東京の価値が上がると予想されます。

 

また、2025年都市別GDP、人口、ともに世界第1位の東京ですから、東京に不動産を持つのは、将来的にも間違いない選択といえるでしょう。

 

今から or 3年後・・・どちらが不動産投資に有利?

次に、「今から東京で不動産投資を始めるAさん」と、「3年後に不動産投資を始めるBさん」がいると想定するとして、その違いについてお話します。

 

まず、確実にいえることは、AさんとBさんとの違いは、3年間分の家賃を受け取れるか受け取れないかです。

 

仮に、今、2000万円の価格(家賃7万円)となっている不動産投資を始めたAさんと、3年後に始めるBさんでは、Aさんは3年間分の家賃を受け取ることができます。一方、BさんはAさんが受け取った3年間分の家賃(252万円)以上安く(1748万円以下で)この物件を購入しなければ有利とはいえません。それが違いです。

 

後述しますが、家賃で価格が決定づけられている傾向にもあるように、東京五輪が終わったからといって、3年間に家賃が大きく変動するということは考えづらいです。つまり、3年間分の家賃を受け取って早く始めたほうが断然いいはずです。
 

 

あなたのライフプランシミュレーションをもとに不動産投資をリアルに疑似体験できる

「不動産投資疑似体験シミュレーション」についての解説はこちら

株式会社ベルテックス 代表取締役

1986年、神奈川県生まれ。鹿児島県屋久島で育つ。
中堅ディベロッパーの営業職を経て、2010年に株式会社ベルテックスを設立し、代表取締役に就任。設立よりわずか6年で年商104億までに急成長させ、1日4回・ほぼ毎日、テーマ別の不動産投資セミナーを開催するなど、その顧客目線の経営手腕は業界でも注目されている。資産運用型マンション、アパート、マイホーム、新築中古問わず顧客のニーズに合わせて提供できるノウハウ、開発力がある。
「日本が誇るビジネス大賞」2017年度版に選ばれる。

WEBサイト https://vertex-c.co.jp/seminar/

著者紹介

連載20代、30代の大家が急増中――「勝てる不動産投資」の極意

本連載は、2017年7月25日刊行の書籍『20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資』(株式会社パレード)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

20代、30代の大家が急増中!  勝てる不動産投資

20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資

梶尾 祐司

株式会社パレード

将来に不安を抱えた20代、30代人必見! 分かっている人はすでに不動産投資を始めています。 低金利時代の今こそ不動産投資が有利。 金融機関の資金で自分の資産を買い、入居者の家賃で返済していけば、数十年後には家も家賃収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧