なかなか進まない「経理部門の改善」・・・解決方法はあるか?

今回は、経理部門の改善がなかなか進まない理由と、その解決策を見ていきます。※本連載は、株式会社アックスコンサルティング代表取締役・広瀬元義氏の著書『社長さん!経理はプロに任まかせなさい!』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、ムダをなくす経理管理についてわかりやすく解説します。

担当者が「自分以外に仕訳は不可能」と思い込むと・・・

中小企業の経理部門の改善が進まない理由のひとつに業務の属人化があります。社内にマニュアルが整備されておらず、ベテランの経理担当者の頭のなかだけに、基準が存在し、その基準にしたがって経理業務が進んでいくわけです。

 

仕訳を例に考えてみましょう。たとえば、ある会社で、営業マンが取引先の方と、打ち合わせを兼ねて昼食をしてきた領収書があるとします。これは交際費になるのか、会議費になるのか、といった違いを、その会社の経理担当者は正確にその都度区別して仕訳してくれています。

 

またこの経理担当者は、中小企業法人の場合、交際費が800万円までしか経費として計上できないことも知っており、交際費がその上限に近くなったときは、会議費に振り替えてくれたりするという知恵ももっています。

 

ですが時には、その経理担当者でも、10件に1件ぐらいは、どちらになるのか悩むこともあり、その都度判断しています。そのため、自分以外には、自社の仕訳は不可能だと思い込んでいます。

 

しかし、この会社の社長の立場からすれば、正確に仕訳が行われるかより、一人の営業マンがいくらぐらいの経費を使っているかがわかれば十分だったりします。

 

それでは、このようなケースのスリム化は、どのように行っていけばいいのでしょうか。

ソフトの仕訳辞書に「仕訳パターン」を学ばせればOK

このケースでは、営業マンが打ち合わせに使った飲食費に対して、価格の上限を決め、それよりは交際費、以下は会議費というように、できるだけイレギュラー対応を減らした「パターン処理」を導入するとよいでしょう。

 

すでに会計ソフトを導入している会社なら、仕訳辞書に、仕訳パターンを一度、覚えさせれば誰でも簡単に仕訳することができるようになります。

 

このような「ルーティン化」が構築できれば、ベテラン担当者が、ややこしい仕訳に頭を悩ませることもないので、パートタイマーに記帳業務を移すことができるようになります。

 

イレギュラー対応を減らし、ルーティン化に成功すれば、ベテラン社員は、資金繰りなど、より高度な業務に集中してもらうことができ、結果、社長さんが楽になるのです。

株式会社アックスコンサルティング 代表取締役

1988年、会計事務所とその関与先の成功を支援するコンサルティング専門会社として創業。会計事務所の経営支援、一般企業の経営支援、資産家の不動産コンサルティングを中心に業務を展開。
2010年、相続・贈与に取り組む専門家のネットワーク「アックス資産税パートナーズ®」を発足、「相続・贈与相談センター®」としてサービスを展開。
2011年、スモールビジネスの成功を支援する会計事務所の全国フランチャイズ「Q-TAX®」を発足。
会計事務所および経営者向けセミナーの講演は年間50 回以上。これまで出版した著書は45冊以上、累計発行部数は48万部を超える。

著者紹介

連載従業員30名以下なら担当は1人で十分!? 「経理業務」改革の進め方

社長さん!  経理はプロに任まかせなさい!

社長さん! 経理はプロに任まかせなさい!

広瀬 元義

あさ出版

「会社のお金の流れ」はよく人間の血液にたとえられます。血液と同様に、お金の流れがとまれば、会社を継続させていくことはできません。 そこで本書は、このような不安定な経営から脱するための方法として、経理部門の仕事を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧