1円たりとも無駄にしない!? お金持ちになる「お金の扱い方」

今回は、お金持ちになるための「お金の扱い方」について説明します。※本連載は、激安自販機を展開する株式会社サンエイの代表取締役、松岡祥一氏の著書、『たった3台の中古自販機から年商30億円企業に! 100円玉で人生の「放浪者」から「成功者」になった私の転身術』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋し、成功する経営者の行動学について説明します。

支払い前に「無駄か、無駄でないか」を考える

「お金持ちほどケチ」とよく言われますが、決してお金を出し惜しみしているわけではありません。自分が「価値がある」と感じるものやサービスには、喜んでお金を払います。

 

その代わり、お金を出す価値がないと思うものには、たとえ100円でも払いません。そういう意味では、「100円玉を大事にするのがお金持ち」と言えるかもしれません。

 

毎月、月末になり、自分が使ったお金を振り返って「無駄遣いしちゃったな」と考えるようでは遅いのです。お金を払う前に、「これは無駄か、無駄ではないか」を、100円単位で見極めているのがお金持ちです。

 

私も、時間に余裕があるときは、海外に行くときでさえLCC(格安航空)を使いますが、東京や大阪で打ち合わせがあり、それまでにゆっくり考え事をしたいときは、電車に乗らず、時間を大切に使うためにタクシーを利用します。

 

また、夢を叶え、充実した人生を送るためには、健康であることも大切な要素の一つです。そのため、私はスーパーで買い物をするとき、多少値段が高くても、養殖の魚ではなく天然のもの、そして、できるだけ無農薬の国産の野菜を選びます。

 

その代わり、洋服やバッグなど身につけるもののブランドには一切こだわりがありません。肌触りがよく、使い心地のいい素材を吟味するだけです。

 

日常生活では、たとえば、家事代行サービスやベビーシッターなど、時間を生み出してくれるものにはお金を払うことを惜しみません。その代わり、どんなに便利であっても、コンビニでお金を下ろすときに取られるATMの手数料はムダだと思うので、絶対にコンビニでお金をおろすことはありません。

 

自分にとって価値あるものを見極めることができたら、浪費することがぐんと減り、これまでよりも手元にお金が残るはず。

今使わないお金は「お金を生み出すもの」に使う

そうなったら、次はそのお金を増やすことを考えましょう。

 

今や、銀行の金利は、メガバンクの普通預金でさえ、0.001%。ほとんどないも同然です。預けっぱなしにしておいて増えることはありませんので、別の方法を考えるのがいいでしょう。

 

私が、たくさんの成功者と話をしてきて気づいたことですが、お金持ちになる人は、今使わないお金を「お金を生み出すものに使う」ことを考えているのです。

 

たとえば、あなたが自販機を1台買ったとします。その自販機で10万円儲かったら、「やった!」と喜んで、飲みに行って使うのではなく、2台目の自販機を買うことを考えるのです。

 

自販機でなくてもいいでしょう。今は、月々5000円くらいから積み立てできる投資信託などもあります。たとえ3%ほどの金利でも、5年、10年と複利で運用すれば、銀行に寝かせておく金額の倍になることも可能です。

 

こうして、コツコツ積み重ねていけば、100円はあっという間に100倍、1000倍、そして1万倍になっていくはずです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社サンエイ 代表取締役

1974年、大阪府羽曳野市生まれ。中学卒業後、鉄筋工、鳶、板前見習い、漁師、トラック運転手、線路工事などの職を転々とし、23歳のときに知人の勧めで自動販売機で飲料の販売を始める。
その後25歳のときに、飲料販売を営む「スーパードリンク」を興す。激安自販機、飲料の卸売事業を展開しながら、売り上げを30億円にまで伸ばす。
40歳のときに、M&Aで会社を売却し、以前からの夢であった沖縄に家族とともに移住。現在は福岡で株式会社サンエイを設立、激安自販機を展開し、沖縄で起業家を目指す若手の育成に励んでいる。
また、沖縄でスタートしたジャンボニンニクを特産品にする農業ビジネスは、体験型農業、ふれあい動物園、宿泊施設などの建設企画にも発展。同時に、カンボジアでNGO活動を活発に行っており、学校の設立や慈善事業などにも力を入れている。

著者紹介

連載3台の中古自販機から「年収30億円企業」を育てた社長の行動学

たった3台の中古自販機から年商30億円企業に! 100円玉で人生の「放浪者」から「成功者」になった私の転身術

たった3台の中古自販機から年商30億円企業に! 100円玉で人生の「放浪者」から「成功者」になった私の転身術

松岡 祥一

合同フォレスト

以前は、どんな仕事をしてみても興味が持てず、いつも「どうやってサボったろか」「早く遊びに行きたい」などとばかり考えていました。 そんな私が、どうやって夢を持つようになったか。そして、夢や目標を次々と実現するこ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧