[連載]勝ち残りを目指す企業が知っておくべき「SDGs経営」の概要

SDGsとは、2015年9月の国連総会で採択された『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』の中で示された、2030年に向けた国際的な開発目標だ。拘束力のない行動指針に過ぎないが、各国の企業が経営指標にSDGsを取り入れるべく試行錯誤している。それはなぜか。ここでは、SDGsの概要とともに、民間企業がSDGsの理念を取り入れる重要性について解説する。

本連載の著者紹介

株式会社国際開発センター 株式会社国際開発センター SDGs 室長/主任研究員
一般財団法人国際開発センター SDGs プログラムリーダー
早稲田大学理工学術院非常勤講師(国際協力論)

早稲田大学政治経済学部卒業、同大大学院経済学研究科、英国サセックス大学大学院開発学研究科修了。
1990 年代より国際協力コンサルタントとして開発途上国での調査・研究業務に従事。2014 年からはインドネシア政府の国家開発計画省付き技術協力専門家として、計画予算策定支援事業及び SDGs 実施体制強化支援事業を統括。
GRI スタンダード認定講師として「GRI SDGs ビジネスレポーティング研修」担当。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧