[連載]印税、商標、著作権…不労所得を生む「知財ビジネス」の仕組み

本連載では、国際パテント・マネタイザーである正林真之氏の著書『貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、「権利ビジネスの仕組み」を紹介します。

本連載の著者紹介

正林国際特許商標事務所所長・弁理士

日本弁理士会副会長 国際パテント・マネタイザー 特許・商標を企業イノベーションに活用する知財経営コンサルティングの実績は国内外4000件以上。
1989年東京理科大学理学部応用化学科卒業。 1994年弁理士登録。 1998年正林国際特許事務所(現・正林国際特許商標事務所)設立。
2007年~2011年日本弁理士会副会長。
東京大学先端科学技術研究センター知的財産法分野客員研究員、 東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師等を務める。

HP:http://www.sho-pat.com/

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧