[連載]弁護士、司法書士、家裁の闇を告発!後見制度の第一人者が徹底解説

※本連載は、宮内康二氏の著書『成年後見制度の落とし穴』(青志社)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

一般社団法人 後見の杜 代表 

早稲田大学卒業、南カリフォルニア大学ジェロントロジー(老人学)大学院修了、ニッセイ基礎研究所研究員、東京大学教員を経て現職。【書籍】「成年後見制度の落とし穴」(青志社、2022年)、「成年後見制度の闇」(飛鳥新社、2018年)、「わかりやすい!”後見制度”と”不動産取引”」(住宅新報、2016年)、「金融機関のための後見人の見方」(きんざい、2015年)、「成年後見制度が支える老後の安心」(小学館、2010年)ほか。【講演】自治体、金融機関、不動産団体、病院、介護事業所、高齢者団体、障がい者団体、大学ほか。【研究】「成年後見の実務的・理論的体系化に関する研究」(厚生労働省、平成23~24年)、「地域における親族後見支援の試み」(厚生労働省、平成22~24年)「市民後見人養成に関する教育基盤の全国整備と福祉型信託を活用した活動支援事業の試み」(文部科学省、平成20~22年)ほか。【報道】NHK「あさイチ」、TBS「噂の東京マガジン」、TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ」、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」、週刊新潮、週刊朝日、月刊プレジデントほか。

一般社団法人 後見の杜:https://sk110.jp/

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ