[連載]待合室に飾りたい「患者を癒す」四季の花

病気になったとき、具合が悪いときに訪れる病院。そこに飾ってあるお花に、心を癒される人も多いでしょう。待合室という空間を彩る花は、どのように選べば良いのでしょうか。2005年にサロンを開業して以来、約20年間フラワーアレンジメントの指導や運営コンサルティングに携わっているフラワーサロンGENNY代表、三宅かおり氏が、季節にふさわしい花について解説します。

本連載の著者紹介

Flower salon GENNY代表 G.Eternity代表

学生時代よりフローリスト及びインストラクターとなるべくフラワーアレンジメントを学ぶ。

NFD日本フラワーデザイナー1級の資格を生かして、大手フラワースクールにて講師として2年間レッスン指導。主にNFD資格取得を目指す方のアレンジメントレッスン、資格取得向けの指導に力を入れる。

2005年サロン開業以来現在に至るまでの約20年間、フラワーレッスンを指導。責任者として複数校の統括・運営に従事しており、業績の管理、メンバーの育成をしている。

2005年1月より サロン ラ・フラグランツァ lafragraza 開業
 フラワーアレンジメント指導。

2015年より PRE.SEED デザイナー就任。
 PRE.SEEDカリキュラムの指導、フラワーアレンジメント指導

2019年2月 K’S GIFTED株式会社 設立
 事業内容:花の仕入れ、デザイン及び販売、各種スクールの運営及びコンサルティング、ECによる物品の販売等

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧