チャート分析の3つの「必勝パターン」のうち、今回は「高値更新銘柄の新展開狙い」の具体例を見ていきましょう。

大きな陽線での高値更新は強い「買い」シグナルに

今回は、「高値更新銘柄の新展開狙い」の具体例を3つご紹介します。

 

☆デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(ジャスダック・4576)

 

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所はバイオ関連銘柄の一つです。創薬ベンチャーとして知られます。この銘柄は、バイオ全体の勢いもあって、2013年には驚異的な暴騰を見せました。なんと、456円から3755円にまで上がっています。


暴騰する前から、安定的にゆるい上昇トレンドにあったのですが、一度高値をつけてから下がり、再び高値を更新したところでドカンと値上がりしています。非常にわかりやすいでしょう。これからの日本株式市場を思えば、このような推移を見せるチャートは高い頻度で現れてくるのではないかと思います。

 

☆GMOアドパートナーズ(ジャスダック・4784)


GMOアドパートナーズは、インターネット広告を手がけている企業です。ジリジリと上昇した後、大きな陽線をつけて直近高値を更新。そこからは大幅な上昇を遂げました。


胴体の長い陽線は、それだけ買いエネルギーが強いということを意味します。つまり、今後も上昇が期待できるということです。そのため、高値を大きな陽線で更新するというのは、強い「買い」シグナルとなります。

 


大きな陽線が出ると、「もうこんなに上がったんだから、翌日は上がらないのではないか?」と思われがちですが、高値更新の場合はそうとは限らないので、弱気は禁物です。

もみ合いの間に溜まったエネルギーが爆発

☆DNAチップ研究所(東証2部・2397)

 

同社は、DNAチップなどによる、遺伝子受託解析をメインとする企業です。はっきりした三角保ち合いではありませんが、ずっと同じような価格帯での行ったり来たりを繰り返していました。


状況が変わったのは、大陽線がパッと出現したタイミングです。このときは高値を更新したわけではありませんが、もみ合いを離脱し、きれいな上昇に転じています。もみ合いの間にはエネルギーがくすぶっているので、一度爆発すると、溜まっていたエネルギーをバネに大幅な上昇を遂げることがよくあります。

 

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。

    本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

    明日ドカンと上がる株の見つけ方

    明日ドカンと上がる株の見つけ方

    熊谷 亮

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

    永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

    永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

    熊谷 亮

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ