チャート分析による3つの必勝パターン「暴騰銘柄の急落後の反発狙い」「暴落銘柄の底値反発狙い」「高値更新銘柄の新展開狙い」のうち、今回は、2つ目の必勝パターンをご紹介します。

天井から3ヵ月~半年で35%以上下がった銘柄を探す

2つ目の必勝パターン「暴落銘柄の底値反発狙い」は、先に紹介したパターンとは逆に、暴落していた銘柄が底を打ち、再び上昇する反発を狙うというものです。探すときは、先に紹介した「高かい離率ランキング(下落方向へかい離しているもの)」などを見てみるとよいかもしれません。


一度暴落した銘柄は、しばらく下落トレンドをズルズル続けることがよくあります。そこで、天井を打ってから3カ月から半年ほどかけて、当初より35%以上株価が下がった銘柄を見つけたら、それをピックアップしてみましょう。3カ月から半年と期間を区切ったのは、意外とこれくらいのタイミングで、相場の転換点が到来して、値動きの流れが変わることが多いからです。


大きく値下がりし続けてから、あるときを境に反発することを「底打ち」といいます。「天井」の反対語です。底というのは、もうそれ以下はないという株価なので、底の価格帯(底値)で買うことができれば、一番儲かります。


下落が続き、マイナスのエネルギーがたまっていた銘柄ほど、上昇したときの爆発力も大きいものです。底値でうまく買えば、1〜2週間で買値より30〜50%以上の上昇もザラに起こります。

 


このような銘柄が出現しやすいのは、一年に何度かある、日経平均株価が思いっきり下がった暴落のタイミングです。すでに下落基調にあった銘柄は、日経平均株価が下がると、さらに売られる可能性が高いのですが、その後は底を打って大反発することもよくあるのです。

「三空」「三手大陰線」「赤三兵」などが大底サイン

ただし、手持ちの株を天井で売って、最大限の利益を得るのが難しいのと同様、底値をつかまえるというのも相当難しい作業です。

 

それでも、底値を探る方法がないわけではありません。特に役立つのは、やはり酒田五法です。


例えば、「三空」。下落局面の場合、陰線が立て続き、ローソクとローソクの間に窓が3回続けてできる状態を指します。すでに3カ月から半年かけて暴落してきたチャートが、三空をつけたときには、最後の大安売り状態になっている可能性があります。その場合、すでに「さすがに安すぎる」という水準になり、売り手もだいぶ少なくなってきているはずなので、三空の翌日はすかさず「買い」がセオリーです。


三空にはならなくても、かなり長い陰線が3本連続で、しかも階段状に右に下がっていく形で出現した場合、「三手大陰線」と呼ばれ、翌日は「買い」の判断が正しいでしょう。


また、これも酒田五法ですが、相当下落した銘柄が、いきなり3本連続で陽線をつけた場合、「赤三兵」といって買いのシグナルとなります。


三空、三手大陰線、赤三兵はいずれも底打ちの強いシグナルですが、そんなシグナルが出ても、さらに底が割れて値下がりすることはあります。そのため、このような底値を狙って買いに行くときは、それを覚悟の上で、資金を2〜3回に分けつつ投資してみてください。そうすれば、精神的にも穏やかに市場に臨めます。


次回は、実例を挙げてご紹介しましょう。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。

    本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

    明日ドカンと上がる株の見つけ方

    明日ドカンと上がる株の見つけ方

    熊谷 亮

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

    永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

    永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

    熊谷 亮

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ