▲トップへ戻る
着手の順番に注意したい「納税資金対策」と「相続税対策」

前回は、 相続対策の第一歩となる「遺産分割対策」について解説しました。今回は、「納税資金対策」と「相続税対策」について見ていきます。

納税資金対策を怠ると従来の財産を失うことも…

前回の続きです。

 

【相続の三原則】その②「納税資金対策」

 

第二に着手すべきが「納税資金対策」です。

 

相続となると、どの財産をいくら相続するかに関心がいきがちですが、その後に伴ってくるのが納税義務です。ここの対策をしっかりと練っておかないと、相続した財産だけでなく、最終的に個人の財産をも納税にあてるハメにもなりかねません。

 

作業としては、遺産分割案が決まったら、相続税の総額、各相続人の相続税の負担額が試算できます。ここで、相続する現預金から支払えれば問題ありませんが、もし足りなければ、相続人自身の貯えから払うのか、不動産を売却して納税にあてるかなどを検討する必要があります。

 

大切なのは長期的視点で対策を講じることです。

 

たとえば、不動産の売却で資金を作る際にも、相続財産として売却すれば、取得費加算の特例があり、譲渡税の圧縮ができます。しかし、相続人が相続前から所有していた不動産を売却した時には特例がなく、譲渡税を支払った後の残額で、相続税を払うことになります。

 

ちょっとしたことですが、時期一つ、あるいは何をどう売るかの判断一つで、手元に残るお金には大きな差が生じるのです。

 

もちろん、相続税を払えればそれで終わりではなく、相続後の安定した生活の実現を念頭に入れて、対策を検討する必要があることは言うまでもありません。相続申告後の生活に困ってしまうような納税方法も注意が必要です。収入源が大きく減少したり、現金が枯渇してしまうような納税方法は、木を見て森を見ず、森を見て山を見ず、のようなものです。

安易にアパート建築を勧める営業マンに要注意

【相続の三原則】その③「相続税対策」

 

いよいよ最後に登場するのが三番目の原則、「相続税対策」です。

 

これこそが、誰もが一番興味があるポイントでしょう。しかし、あくまでも「遺産分割対策」と「納税資金対策」をしっかりと吟味、検討し、その上で納税の必要があるならば、もっと安くできないかという観点で最後に着手するべきです。くれぐれも順番を間違えないようにしてください。

 

しつこいまでに注意を喚起するのには理由があります。

 

以前、私が関与した相続案件で、建築業者と金融機関に「お持ちの土地に借り入れでアパートを建築すると、相続税対策になります」と言われ、所有地全てにアパートを建築した方がいらっしゃいました。仮にHさんとしましょう。

 

建築資金は銀行からの融資がすんなり下りたものの、70歳を過ぎて今まで抱えたことがない1億円もの借金を背負うことが、予想以上のストレスとなってHさんにのしかかります。家賃は入ってきますが、借り入れの返済に即回されるだけ。思い描いていた穏やかな老後とはまるで真逆の生活に追い込まれます。

 

さらに、結局、相続税額は減少しましたが、ゼロにはなりませんでした。いざ相続が発生すると相続税を納める現金はなく、更地も残っていない。納税に回せる財産さえ残っていない状態でした。

 

私のもとに相談が持ち込まれたのは、その時でした。最終的には、全てのアパートを土地とともに売却し、金融機関への借り入れの残りを支払った後の資金で、やっとの思いで相続税を支払ったのです。

 

「相続対策を行う前段階で、ご相談いただければ・・・」

 

何とも悔やまれる案件でした。アパート建築をする前に、納税資金対策をしっかりとプランニングし、納税資金用に更地を残しておけば、こんな苦労はしなかったのです。もっといえば、どんなセカンドライフを送りたいかも併せて考えておけば、予想以上のストレスに悩むこともなかったはずです。そして、「相続税対策というだけで、なぜ安易にアパート建築を勧めたんだろう」と、業者に憤りさえ感じたことを覚えています。

 

くり返しになりますが、資産全体を洗い出すこともせず、ただ「節税対策ができます」と、自社の商品を売り込むような営業マンが来たとしても、決して口車に乗らないでください。そのためにも、「相続の三原則」を守るのはもちろん、順番は例外のない鉄則だと肝に銘じてください。

株式会社財産ブレーントラスト 代表取締役

1958年7月生まれ。94年、株式会社船井財産ドック(現在東証第二部に上場している株式会社青山財産ネットワークス)に入社。97年に事業部長、2001年に取締役に就任、04年東証マザーズ上場時に、上場の鐘を叩く。05年現場での仕事にこだわり、執行役員に降りる。08年、再度取締役に就任。09年、全国ゴルフ練習場連盟の理事に就任する。10年に退任。
12年12月、一人ひとりのお客様に対して、もっと深く密な財産コンサルティング業務に特化したいとの思いから、株式会社財産ブレーントラストを設立。
著書に『あなたの土地の有効活用はやめたほうがいい』『不動産現金化の時代』『あなたの資産 再生いたします』『改訂版 あなたの土地の有効活用はやめたほうがいい』(全て実業之日本社)、『都心不動産 買い方のコツ』『地主心得帳』『買ってよい不動産・悪い不動産』『3年後 崩壊する地主・生き残る地主』(全てPHP新書)等。

著者紹介

連載悪徳業者に騙されないための相続対策「5つのポイント」

本連載は、2016年10月9日刊行の書籍『あなたの資産を食い潰す「ブラック相続対策」』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

あなたの資産を食い潰す 「ブラック相続対策」

あなたの資産を食い潰す 「ブラック相続対策」

秋山 哲男

幻冬舎メディアコンサルティング

恐ろしい「相続対策の裏側」と「知っておくべきポイント」を大公開! ・相続税対策のうち8割が実は不要!? ・バックマージンが横行する業界の実態 ・相続後にお荷物と化す無意味なアパート・マンション ・税理士のうち約半数は…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧