なぜワンルームマンション経営は「都心」で行うべきなのか?

いわゆる「老後破産」を回避するために、不動産投資を活用することは一般的な手法になりつつあります。本連載では、「都心」・「中古」築浅ワンルームマンション経営が資産防衛に最適だと言える理由をお伝えします。

立地さえ間違えなければ、「手間ひま」がかからない

マンション経営に失敗しないためには、なんといっても立地が重要です。それによって大幅にリスクを減らすことができるでしょう。

 

ご存じの通り、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。それに合わせて東京は、再開発ラッシュの真っ只中です。その再開発をスムーズにするために、様々な法令改正が行われています。そして、その法令改正が不動産投資市場に大きな影響を与えている中、特に賃貸需要に対しての影響は大きいです。不動産投資は、結局、賃貸需要が一番大事で、賃貸需要が伸びれば伸びるほど、リスクは大幅に軽減されます。

 

また、マンション経営は立地さえ間違えなければ、ほったらかしにしておいても大丈夫と言えるほど、手間ひまがかからない投資です。サラリーマンが行う資産運用において、一番の天敵は「手間」で、株・FXなどの投資は、チャートを気にしたり、売り買いの手間などが発生するため、サラリーマンを続けながら行うのは手間だというオーナーも多くいます。

 

一方で、サラリーマンと不動産投資家のダブルワークで時間が足りなくなって困っているオーナーがいるのも事実です。時間があれば回避できる問題も時間が足りないが故に解決できない。それが一番大きな問題です。しかし、もともと手間がかからない物件であれば、「ほったらかし」にすることも可能です。

 

本連載では、中古ワンルームマンションを都心に買うことが、いかに投資を成功させるだけのポテンシャルを秘めているか、例を挙げながら紹介していきます。

国家戦略特別区域法の施行で不動産価値の上昇が期待

老後破産を防ぐためのワンルームマンション経営は、なぜ都心がいいのか。それは、3つの法令改正により、今まで以上に都心のワンルームマンション経営の魅力が、アップしているからです。

 

不動産市況は、法令に大きく影響を受けるため、その時々の法令に合わせた戦略が必要になります。近年では、3つの法令改正があった影響で、都心のワンルームマンションを巡る状況が変わってきました。その点について説明いたします。

 

1つ目の法令改正は、アベノミクスによる国家戦略特別区域法の施行です。後に触れる「民泊条例」もこの法律を受けてのものですが、東京都をはじめとして、この法律に基づき、様々な再開発プランを実施しています。

 

本書執筆時にも東京都は、国家戦略特別区域法に基づき「東京発グローバル・イノベーション特区」「東京国際金融センター」といった計画を実施しており、具体的なエリアも明示し再開発を実行中です。こういった再開発は、都心のワンルームマンションの資産価値を上げるもので、オーナーにとっては好影響が期待できます。

 

2つ目の法令改正は、今話題の「民泊条例」です。まだ施行されて間もないので、影響は未知数ですが、具体的に法整備が行われれば、賃貸市場に及ぼす効果は計りしれません。

 

賃貸市場から数千から数万戸単位で、ホテルに転用される物件が出れば賃貸市場に与える影響が大きくなるのも必然。そのポテンシャルだけで不動産投資市場が盛り上がっているのも事実です。

 

3つ目の法令改正は、2015年1月1日に行われた相続税の改正です。この日を境に相続税の課税が強化され、一方で贈与税の減税が実施されました。この改正により、都内で亡くなる人の半分が相続税課税対象者になると言われており、すでに相続税回避のために不動産投資を行う人が増加しています。

 

他にも2020年の東京オリンピック・パラリンピックやそれ以降を念頭に置いて、アジアにおけるビジネスの拠点として東京の再開発を推進するための法令改正が行われている最中です。2016年12月に可決されたIR推進法もその1つになります。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社和不動産  代表取締役

    法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年より現職。
    電話営業等のプッシュ型営業を一切行わない営業手法と、きめ細かなアフターフォローで、多くの顧客から支持を集めている。
    『人が集まる会社』をコンセプトに掲げ、顧客・取引先・従業員の満足を高めるために、常に従来の不動産業界とは一線を画した新しい経営に挑戦。
    その取り組みは、テレビ、新聞、雑誌など多くのメディアに取り上げられ、高い評価を得る。
    座右の銘は「和を以て貴しとなす」、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。
    著書は『不動産投資“購入後"の教科書』『不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法~投資初心者のための「マンション経営」~』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

    株式会社和不動産ホームページ

    著者紹介

    連載投資に最適!? 「都心」・「中古」築浅ワンルームマンションの魅力

    本連載は、2017年1月27日刊行の書籍『老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

    老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

    仲宗根 和徳

    幻冬舎メディアコンサルティング

    203X年、国民年金制度は破綻する! ? もはや他人事ではない「老後破産」「下流老人」「収入格差」を防ぐ、たった一つの方法。 先行き不透明な社会保障制度に対する不安から、巷では資産形成の方法として金融商品への投資が…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ