▲トップへ戻る
発毛を促進する「頭皮へのいたわり」

前回は、頭皮と毛穴の皮脂をきれいにするシャンプーの重要性を説明しました。今回は、発毛を促進する「頭皮へのいたわり」について見ていきます。

薬に頼り、頭皮を不潔にしていたら発毛の効果はない

ということで……。

 

ハゲ・薄毛をなおすには、まず第一に、よいシャンプーでこまめに洗髪し、頭皮と毛穴を清潔に保つことが大事です。

 

そして第二に、できるだけ薬なども活用して、脱毛を抑え、発毛を促すのが望ましいということです。これは薬が理想ですが、抵抗がある人は、なるべくよい育毛剤やサプリメントなどを探してください。

 

さらには第三に、ハゲ体質そのものを改善していくことも大事です。その方法は、このあとまとめて書きましょう。

 

シャンプーと、薬や育毛剤は、どちらが欠けても切れ味が悪くなります。

 

毎日シャンプーをすれば、発毛によい環境を整えることにはなりますが、それだけで確実に毛が生えるとは言えません。

 

また、薬を使っていても、それだけに頼って頭皮を不潔にしていたら、発毛の効果は発揮されにくくなります。

 

これって、考えてみれば当たり前のことですよね。

 

たとえば、熱があるからってカゼ薬を飲んでも、裸で寝ていたら効果は見込みにくくなります。

 

「お腹が痛い」と言っている人が、胃腸薬を飲みながら暴飲暴食していたら、意味がないですよね。

 

だから、あなたの周りに、薄毛の髪の毛をベタベタさせている人がいて、「いくら薬を使っても効かなくてさぁ」とグチっていたら、「頭が汚いからだよ!」と注意してやってください。

「コンディショナー」で翌朝のベットリ感を軽減

頭皮にまた毛を生やしてもらうためには、何をおいても、頭皮をいたわってやることが大切です。

 

その意味で、できればシャンプーのあとには、コンディショナーも使いましょう。

 

女性だと、ほとんどの人が洗髪後にコンディショナーを使うと思いますが、男性の場合、シャンプー後、そのままにしている人も少なくありません「せっかくシャンプーをしたあとにコンディショナーを使うと、さっぱりしなくてかえって気持ち悪い」という言い分です。

 

ところが、これが意外と落とし穴になるのです。

 

髪を二度洗いしたあとの頭皮には、脂っ気がすっかりなくなります。すると、皮脂腺は頭皮を守るために、たっぷり皮脂を出そうとするのです。

 

それでは元も子もありませんね。

 

そこで、コンディショナーの出番です。頭皮に優しい天然成分のコンディショナーを使い、適度に頭皮を覆ってやると、余分な皮脂が分泌されなくなって、翌朝のベットリ感が軽減します。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載頭髪の危機を救う! 実践的「薄毛対策」講座

本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還 なぜ、私はたった1年で「超フサフサ」になったのか?』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

 

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧