ポケモンGOブームの裏で進む「ビッグデータ」の収集

今回は、ポケモンGOブームの裏で進む「ビッグデータ」の収集という目的について見ていきます。※本連載は、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の著書、『ポケモンGOが世界経済を救う!』(牧野出版)の中から一部を抜粋し、「ポケモンGO」が株式市場に与える影響と、グーグルによる世界戦略などについて解説します。

メール、GPS…ポケモンGOで収集されるデータとは?

現在、さまざまな分野でビッグデータの活用ということが言われ、企業が活用を進めようとしていることは言うまでもありません。念のため、ビッグデータとは何かを一言で言えば、ITの進歩によって収集可能となった大量・多様・リアルタイムな情報資産のことを言います。

 

 

スマホやタブレット、M2M(機器間通信)の普及でデータ量は急増していて、それも、メールやツイッター、センサやカメラ、GPSの位置情報といった不定形なデータは膨大に膨らんでいるわけですが、これを分析し、マーケット戦略を始めとしたさまざまなビジネス戦略に活用していこうというのが、「ビッグデータの活用」と世間で言われているところのざっくりとした意味内容です。

 

そして、スマホやタブレット、カメラ、GPS情報を使用するポケモンGOも、この解析すべきビッグデータの一つであるのです。

空間情報を扱う会社を買収したグーグルの戦略

ナイアンティックのCEO、ジョン・ハンケはもともとはグーグルのスタッフで、グーグルの副社長としてグーグルアースを統括していました。それと同時にハンケは、keyholeという会社の創業メンバーの一人で、CEOでした。

 

というより、このkeyholeという会社が2004年にグーグルに買収された後に、主力製品がグーグルアースと名前を変えて、グーグルマップとストリートビューとなったのです。その制作をハンケが率いていたというわけです。

 

このkeyholeという会社はもともと、NGAというアメリカ国家地球空間情報局という情報機関から得た資金で立ち上がったITベンチャー企業と資本関係がありました。アメリカでは産学共同を積極的に進めるところがあるので、こういった例は必ずしも珍しいものではありません。

 

いずれにせよ、グーグルアースの大元を辿れば、そういった国家ぶくみの空間情報を収集分析する活動があったということです。

 

そのkeyhole社をグーグルが買収したのも、そこには当然、グーグルの戦略がありました。つまりは、ビッグデータの取得です。グーグルという会社が、検索エンジンやクラウドコンピューティング、ソフトウェアなどインターネット関連サービスの会社であることは今さら言うまでもないでしょう。

 

 

そのグーグルの収益の多くは、オンライン広告のAdwords(アドワーズ)で得ています。そしてこの広告は、まさにビッグデータの活用で成り立っているのです。グーグルという会社は「ビッグデータの申し子」とも言うべき会社で、同社のビジネスの根底には、サービスを通じて取得して得た大量のデータの活用があります。それを広告に生かしているのです。

財産ネット株式会社 企業調査部長

「相場の福の神」と呼ばれるマーケットアナリスト。
年間200社を超える上場企業経営者とのミーティングを行い、個人投資家に真の成長企業を紹介している。「まいど!」のあいさつ、独特の明るい語り口で人気。日興證券、マネックス証券、カブドットコム証券、SBI証券などを経て、現在は、財産ネット株式会社の企業調査部長。
ラジオNIKKEIで3本の看板番組を持ち、その他テレビ出演、新聞・雑誌への寄稿も多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジストAll About株式ガイド。
著書:『難しいことは嫌いでズボラでも 株で儲け続けるたった1つの方法』(SBクリエイティブ)など

著者紹介

連載「ポケモンGO」が株式市場に与える影響とは?

ポケモンGOが世界経済を救う!

ポケモンGOが世界経済を救う!

藤本 誠之

牧野出版

ポケモンGOが世界経済を救う! これは単なるブームじゃない! インターネット以来の一大情報革命だ!! 今、世界で爆発的人気を誇る「ポケモンGO」。その大人気ゲームが世界経済に与える影響を、任天堂上場来高値更新を最初…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ