(※写真はイメージです/PIXTA)

チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社)が解説します。

 

●日経平均とTOPIXは直近で最高値を更新し、S&P500指数とナスダックも連日最高値を更新中。

●日本は4-6月期決算に注目、進捗率が25%超えてくれば業績予想の上方修正期待は高まろう。

●米国では来年も好業績が続く予想、日米とも業績に関する材料が先行きの株価を支える見通し。

日経平均とTOPIXは直近で最高値を更新し、S&P500指数とナスダックも連日最高値を更新中

日経平均株価は7月9日、3営業日ぶりに過去最高値を更新し、終値で初めて41,000円台に乗せました。また、東証株価指数(TOPIX)も7月4日、34年7ヵ月ぶりに過去最高値を更新した後、高値圏での推移が続いています。7月に入り、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、アドバンテストなどの値がさ株や、ソフトバンクグループ、キーエンスなどの大型株の上昇が、日経平均とTOPIXをけん引しています。

 

一方、米国株も堅調な動きがみられ、S&P500種株価指数とナスダック総合株価指数は7月9日まで6営業日連続で過去最高値を更新しています。7月に入ってからも、米ハイテク大手7社「マグニフィセント・セブン」はそろって上昇しており、両指数の押し上げ要因とみられます。なお、ダウ工業株30種平均は、構成銘柄のユナイテッドヘルスやマクドナルドなどのマイナス寄与が大きく、相対的に出遅れています。

日本は4-6月期決算に注目、進捗率が25%超えてくれば業績予想の上方修正期待は高まろう

日経平均とTOPIXが最高値を更新した背景の1つに、今月下旬から本格化する4-6月期の企業決算に対する期待が高まっていることがあると思われます。TOPIXを構成する3月期決算企業(金融とソフトバンクグループを除く)による今年度の業績予想は、純利益が減益となっており、また、ドル円の想定為替レートは主要企業平均で1ドル=約144円と、かなり控えめな内容です。

 

足元の円安地合いを踏まえれば、輸出企業などの業績予想に十分な上方修正余地はあり、実際、市場が予想するTOPIXの12ヵ月先1株あたり利益(EPS)は堅調な推移が続いています(図表1)。4-6月期決算の段階で、早々に上方修正を行う企業は少ないと思われますが、今年度の業績予想に対する4-6月期実績の割合(進捗率)が、25%を大きく超えてくれば、次の中間決算での上方修正期待は高まると考えます。

 

[図表1]TOPIXの予想EPS

米国では来年も好業績が続く予想、日米とも業績に関する材料が先行きの株価を支える見通し

米国株について、最近発表された米経済指標では、雇用や物価の伸びの落ち着きがみられ、9月利下げ開始の見方が強まりつつあるなか、長期金利も比較的落ち着いた推移が続き、これらが米ハイテク株の支援材料になっていると考えられます。米国でも今週から4-6月期決算が始まりますが、S&P500種株価指数を構成する主要500社のEPSについて、市場では前年同期比10.1%の増益が予想されています(図表2)。

 

[図表2]S&P500種株価指数と業種別の予想EPS

 

同じく主要500社のEPSは、2024年通年で前年比10.6%、2025年は14.5%の増益が見込まれており、特にハイテク株が含まれる通信サービスや情報技術は高い利益の伸びが予想されています。このような良好な業績見通しが、今後の米国株を支え、ひいては日本株にも追い風となる可能性は高いとみています。また、日本株については、前述の通り、企業の業績予想の上方修正期待が、当面の下支え要因になると考えます。

 

(2024年7月10日)

 

※個別銘柄に言及していますが、当該銘柄を推奨するものではありません。

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『【どちらも最高値】日米の株価動向と企業決算の焦点【解説:三井住友DSアセットマネジメント・チーフマーケットストラテジスト】)。

 

市川 雅浩

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

チーフマーケットストラテジスト

 

注目のセミナー情報

【事業投資】7月18日(木)開催
毎月、黒字店舗から安定収益が得られる!
300万円から始められる事業投資セミナー

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録