(※写真はイメージです/PIXTA)

日本に渦巻く老後不安。少子高齢化も進むなか、サラリーマン世代は悲鳴をあげています。厚生労働省『2022年 国民生活基礎調査の概況』などとともにみていきます。

あなたにオススメのセミナー

    手取り19万円・30歳会社員「税金や社会保険料が高すぎる」

    「30歳で手取り19万円」と聞くと、「少ないな」と感じられるでしょうか。しかしこれは決して珍しいことではなく、経済的な厳しさが若年層を中心に広がっています。

     

    厚生労働省『2022年 国民生活基礎調査の概況』によれば、全世帯の平均所得は545万7,000千円ですが、その中央値は423万円であり、実際には多くの家庭が平均所得に達していないことが示されています。この現実は、給与水準の低さや生活費の高騰に加え、経済的な不安が若年層の将来に大きな影響を与えていることを物語っています。

     

    30歳の誕生日を迎えたばかりの田中さん(仮名)の、毎月の手取りは19万円。大きな不満を抱えていると語ります。

     

    長年努力してきましたが収入は期待するほど増えず、将来への不安が募るばかりです。「もう30歳なのに、手取りが20万円に満たないなんて…」と嘆く田中さんのような会社員は、今や少なくありません。

     

    田中さんの給与明細を見ると、基本給は25万円。しかし、社会保険料や所得税、市民税などが差し引かれると、手取りは19万円程度になります。この手取り19万円で家賃、光熱費、食費、交通費、通信費などを賄うと、ほとんど余裕は残りません。彼は「税金や社会保険料が高すぎる」と感じています。

     

    田中さんの月々の支出を見てみましょう。

     

    家賃:7万円

    光熱費:1万円

    食費:3万円

    交通費:1万円

    通信費:1万円

    その他雑費:2万円

     

    これだけで、既に15万円が消えてしまいます。残りの4万円で貯金や娯楽費、予期せぬ出費に備えなければならないのです。

     

    最近の税制改正で所得税率が上がり、社会保険料も引き上げられたことが田中さんの家計に大きな打撃を与えています。「税金が増えるのだけは勘弁してほしい」と彼は切実に語ります。特に、手取りが少ない中での税負担は、生活の質をさらに低下させています。

     

    さらに、日用品や食料品の価格が上昇していることも、田中さんの生活を圧迫しています。物価上昇は、消費者物価指数(CPI)にも表れており、過去数年間で着実に上昇しているのが現状です。これに対して、給与の上昇は追いついていません。「物価はどんどん上がっているのに、手取りが変わらないのは理不尽だ」と田中さんは不満を漏らします。

    次ページ「このままでは、結婚や子どもを持つ夢は…」

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧